« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月21日 (月)

TANAKA×Arms MAGAZINE MODEL65 STROUP PPC Custom 4inch

Dscf7055

アームズ・マガジン400号記念 受注生産モデルガン ストラウプPPCカスタム 4インチ

どれだけのモデルガンファンが6インチより4インチを望んだかは疑問でありますが松尾副編集長のこだわりもある様で、6インチが必ず発売される保証もないので予約購入したものです。

 

Dscf6926

箱については予約前の仕様に何も書かれていないから、木製ケースは期待出来ないだろうけど、MGCパワーカスタム みたく通常品の発泡スチロールを切りこんだ物だったらイヤだなと思ってました。

思ったよりも大きい箱は開ければ、あぁやっぱり6インチも予定しているのかと複雑な気持ちになります。

ペガサス用のBB弾ローダー用の切り込みも入っているので、ガスガンも予定しているのでしょうが、6インチはガスガンのみというのは勘弁して下さい。

 

Dscf6968

折角、別パーツのシリンダースタッドですが、その近くのフレームにヒケがあります。

 

Dscf6962

PPCカスタムならば、ウィークハンドでも違和感なくグリップ出来る物でないといけません。

 

Dscf6973

さてこのNill風グリップ。これ予約してから届くまでに何とかしたいと思っておりました。

何でこのグリップにしたのかは想像するに、特別感を出したいので現行品とは違う物にしたいが、ロジャース風のグリップの金型を起こすとコストが上がってしまう。

それで以前、スモルトとして発売する前のスマイソンに付けていたこのグリップにしたのでは無いかと。そしてフレームは何故がラウンドバットであります。

 

Dscf7005

Gun誌2006年6月号に初登場したグランドマスター4インチは、6インチ同様スクェアバットでロジャースのグリップを付けている。

タナカのはパックマイヤーの同型のグリップを合わせているだけです。キチンと付けるとなるとかなりの加工が必要です。

 

Dscf7238

ラウンドバットならばF-COMPにも付けられるので色々買ってみようと、とりあえずホーグのプラグリップは手頃でカタチも良いのだが地味であります。

 

Dscf7290

次に黒一色では味気ないかと、パックマイヤーのSK-ALSも購入。

握った感じは個人的には好きでは無いですが、見た目は悪くないので今はF-COMPに付けてます。

 

Dscf6988

S&Wのメダリオンが付いた方が良いかとアルタモントのターゲットスムース(ローズ)も買ってみましたが、グリップを見る角度によってはピンク色に見えるのでこれは無駄遣いでした。

 

Dscf7149

Dscf7201

今まで買ってきたグリップを付けても何か妥協した感じがすると思っていたところ、むげんにホーグの木製グリップが入荷ということで思い切って購入したが、通販ゆえ木目が選べず少し残念な物に。

 

Dscf7314

フロントサイト

リブサイトは六角ネジを外しても取り外せません。

 

Dscf7302

ステンレス削り出しのロッキングボルトケース

 

Dscf7173

角を丸めたイライアソンサイト。

余ったらイライアソンサイト付パイソンを出すかもしれません。

 

Dscf7221

リブサイトも外せないし、分割線が出てしまうならM66フレームの方が良かったかも知れません。

 

Dscf7230

カウンターボアードのシリンダーを出したということは、ノーマルのM65はそうなるのか。またM19-4として発売するのか。

 

Dscf7115

見た目もリアルなダブルキャップカートリッジが付属します。

後に別売すると思いますが、6発で¥5,400と高価です。

 

Dscf7082

元祖4インチPPCカスタムのMGCパイソン・カスタム

 

Dscf7101

マルイ パイソンPPCカスタム4インチ・ステンレス

パッと見は似ている2挺

 

Dscf7094

リブサイト付リボルバー集合

 

Dscf7067

いつか6インチと並べられる日が来ますように。

6インチはワイドハンマーにして、スクェアバットでロジャースタイプのグリップを付けて欲しいです。

F-COMPには無かったのから、フレームのヒケも無くして欲しいですね。

 

Dscf7037

次回はM&P R8です。

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »