« 2013年1月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年2月

2013年2月11日 (月)

MGC MODEL39HW PartⅡ

Dscf0344

今回は2008年7月に紹介したMGC MODEL39HW。やっと木製グリップを入手したので再度、登場となります。

Dscf0347

M39の木製グリップは、MGC純正よりS&W実物用の方が目にするのですが、取り付けとなるとそう簡単ではない加工をしなくてはならないので私には無理そうで、オークションでMGC純正品がたまに出品されたと思っても、中々手の出しにくい額まで上がってしまうことが多かったのですが、このグリップを見つけました。

ホントはメダリオン・チェッカリング入りのが欲しかったのですが、そう思っている人が多いのか、何も無いこのグリップは人気なかったようで、他の入札者もいなくすんなり落札できました。

このタイプの木製グリップはMGCのカタログに載っていないので詳細は不明なので今更ながら気になります。まぁ、MGCにはそういった物は数多くあるみたいですが。

Dscf0349

マルシンM439と。

リアサイト以外、細部しか違わないM39とM439ですが、MFでチェッカリンググリップ付のM439とHWでスムースグリップ付のM39では大分、印象を変えることが出来たので、このグリップで良かったと思ってます。

しかしマルシンのM439は写真写りが良いですねw

Dscf0352

解っていて購入したのですが、このM39HWは湯じわが酷いです。スライド側面だけなら、ブルーイングしようかと思っていましたが上部にもあるので全体を仕上げ直すとなるとやっかいなので結局、手つかずになってしまいそうです。

Dscf0358_5

S&W DAオート集合。

Gun Proessional誌の「S&W M39のバルエーションと発展の軌跡」が面白く、読んでいるともっとM39系のモデルガンが発売されてくれないか望んでしまいます。

MGC M459の金型がどうなったのか知りませんが、M59に戻して昔のMGCのままで発売してたほうが、下手にセンターファイヤー化やショートリコイル化するより売れそうですよね。

現在、S&WのオートはSW1911やM&Pが主流のようで、M39系は生産してないようですが、日本で今、M645のモデルガンを発売しても確実に売れると思うのですがね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年5月 »