« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年3月

2012年3月20日 (火)

HWS LIBERATOR

Dsc02636_2

リバレーターのことは、Gunに興味を持ち始めて買った「世界の拳銃大図鑑」か「拳銃マシンガン大百科」のどちらに載っていたという、おぼろげな記憶があります。

銃の名前を覚え始めていった時期に、印象に残っているのがモデルガン化されると嬉しくなってしまい、早速、入手してしまいました。

Dsc02590_2

当時のボックスをも再現してくれたのは嬉しいのですが。コストがかかっても復刻版ボックスは内箱にして、外箱にバーコードやSPGシールを貼る形態にしてほしかったです。製品保護の為に、復刻版ボックスの片側にホチキスを使用しているので、ディスプレイ等に新たに必要な人向けに別売もしているという拘りなのに、何か残念です。

箱から取り出すのが意外と大変で、箱を少し破ってしまった。また戻して蓋を閉めるのも大変です。

Dsc02609_2

リアルマッコイM1911

手に取ると、思ったよりも大きく重いです。連射出来るわけではないけど、実銃ならばグリップ内にカート10発格納出来るのでガバよりも多いともいえるが、これでドイツ軍と戦いたくはないです。HWSはウエイトで重量を稼いでいます。

Dsc02615_2

プレスの感じが良く出ていて、塗装も綺麗です。

Dsc02599_2

コッキングポジション。トリガーを引くともう少しコッキング・ノブ(ハンマー)が下がってから、トリガーコネクターから外れ、前進してプライマーを叩きます。
コッキング・ノブはそのうち黒ずんできそうな感じです。

Dsc02593_2

グリップ部にカートは、2発格納でき(本体付属は1発)、グリップ内を覗くと「SPG HWS」の刻印があります。

取説に「マガジンプレートは錆びやすいので時々オイルをひくこと」とあります。プレートが少々、カチャカチャするのは仕方がないでしょう。

カートは26年式と同じタイプで、装填する時は同様にブレット部は外します。リムに「F」「A」「42」(フェデラル・アモ 1942年製)の刻印があります。

Dsc02639

カートを装填したところ。
コッキング・ノブは引いてから90度回転させフレームに引っ掛けるのだが、その部分の塗装が剥げることがあると、購入時に店頭で言われたので注意してます。

Dsc02651

カートリッジの押し出し棒は、ディスプレイ用の太い物と、インサートのあるモデルガンに使用できる細い物が付属してます。

HWSのお店ではファストドロウ・コンテストを開催しているが、リバレーターの装填から発火の大会なんかも、やってみたら面白そうなのですが、どうでしょう?

Dsc02623

実銃は分解出来ないが、モデルガンは分解できるようにアレンジされています。オモチャみたいけど、実銃通りのメカニズムです。

Dsc02629

部品点数は少ないですが、分解は結構面倒でした。実銃も分解のことは考えてつくられてないですからね。組立は、ガイドロッドカラー・ピンを入れるところ以外は楽です。

Dsc02614

HWSのビンテージ・モデルガン・シリーズの第一弾の九四式、第二弾の二十六年式、そして第3弾として発売されたリバレーター。

HWSはリバレーターの発売を2005年に発表しましたが、発売が今の時期になったことは結果的に良かったのではないでしょうか。モデルガンの市場も少しは活気で出てきて、以前よりもマニアックな銃がモデルアップされてきてますから、リバレーターも受け入れやすい状況になってきているのではないかと。

第4弾は御存知、ボーチャードでありますが、これも入手したいですが、高額になりそうで簡単に手は出せなさそうです。CAWのも気になりますし。早くも第5弾も気になるところですが、どういった方向へ向かうのか楽しみであります。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

銃・射撃の専門誌 Gun Professionals

Gunpro

「月刊Gun」の休刊から5か月、ホビージャパンより「Gun Professionals」が創刊しました。

アームズマガジン2月号付録のVol.0は幻となった月刊Gun2012年12月号の記事をまとめたものでしたが、創刊号もGun誌のテイストを残したままスタートしてくれました。
ヒサ クニヒコさんの「GUN SMOKE」が無くなったのは残念ですが。

創刊記念に秋葉原の書泉ブックタワーで開かれた「床井雅美×くろがねゆう トーク&サイン会」に行ってきました。

会場は70人位、床井さんの講習会常連と思われる50代の方が多かったでしょうか。Gun誌休刊の経緯についての話はないだろうなと思っていましたが、新雑誌についての方針等のついて両氏で話し合うかと思えば、ほとんど床井さんの講習会でありました。

SHOT Showで発表された銃をプロジェクターで紹介しつつ。最近のGunのトレンドについて、樹脂フレームから黒・銀色以外のGun、ハンドガンのカービン化、アサルトライフルのSMG化等の内容で、後に創刊号にサインを頂きました。

Dsc02565

この背表紙は、ニヤリとさせてくれます。

Gun誌休刊のニュースは寂しいと思いつつもモデルガン同様、収納場所に困り始めていた所なので、このまま毎月買う雑誌が無くても良いかと思っていたのですが、 これからはGun Professionalsの背表紙が並んでいくことになりそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »