サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

リンクリスト

  • ゆるり徒思太郎日記
    大学時代、共に自主映画制作をした。ゆるり徒思太郎さんのサイト。長編から短編、優しい話からダークなものまで、さまざまな小説を書いています。
  • MAXのおもちゃコレクション
    ゆるり徒思太郎さんと共に、自主映画制作をしたMAXさんによるブログ。 アメリカントイ、超合金、食玩、ソフビ等々のさまざまなおもちゃコレクションの数々を紹介しています。
無料ブログはココログ

« ELAN-ROCKEN COLT’S MKⅣ/SERIES’70 GOVERNMENT MODEL 2004  PARTⅡ | トップページ | ELANのアクセサリー »

2011年5月22日 (日)

キットいつかは・・・

Dsc00879

2009年の正月休みに作ったHWSのSAAのキットモデルと、2010年の正月休みに作ったマルシンMP40のキットモデルですが、形だけはとっくに完成されてますが、パーティングラインを消し忘れていた所がありまして、GWを利用してそれらを修正し表面処理も完成させようと思い立ちました。

Dsc00847


まずはSAAのフレームの下側。ブルーイングしている時に気が付いたのですが、ここは隠れると勘違いしてそのままにして続行。組み立てた段階でやっと隠れてないことを知りました。

トリガーガード側の前面にもパーティングラインがありますがここは目を瞑りまして、フレーム側を修正します。

Dsc00892

ブルーイングしたと言っても、↑こんな出来栄えなので、全部磨き直したい所でもありますが、これはこれでアンティーク仕上げとも言えるので、ここは自分に甘く、最少の作業ですませてしまいます。

Dsc00863

一時間位で終了。ちょっとスッキリしました。

ブルーイングが綺麗に出来てこそ本当の完成となるのでしょうが、とりあえず染まっていますし、ブルーイングしたいものは他にもあるので、実行はいつになるやら・・・

Dsc00867

続いてはマルシンMP40のバレルナット、カラーの後の部分。カッターの刃を立てて削る作業まではしているのですが、ここも組み立てれば隠れると思い込み、これ以降のヤスリがけの作業はしなく、組み立ててから気づいたのですが、とりあえずブログの写真を撮ってしまうと後回しました。

この部分だけ修正すればいいと思ってたのですが、他にもパーティングラインが完全には消えてない部分も修正していくとあちこち気になってきまして。手を付けてなかったフロントキャップカバー、レスティングバー、リアサイトのゲート跡や押し出しピン跡の処理したり、マガジンハウジング上部にバンド部分、エジェクションポート前部が、キチンと成型されずに欠けているのでプラリペヤで修正したりと5~6時間かけての作業となってしまいました。

Dsc00895

とりあえず気になるところは修正したもの、作業した範囲が広かったので、コンパウンドをかけた後の段階になって、ヤスリの跡が完全に消えてなかったりして、完璧な状態にするにはまた結構な時間がかかりそうであります。

しっくりいかなかったスリリングの留め方も変えてみました。

Dsc00908_6

そんなことなので、両方ともまだまだ手を付けたいのですが、とりあえず気になっていた所だけは修正したので、また現状が気になり始めたら手を付けるとは思うのですが、自己満足の世界なので、どうなれば完成ということはないですよね。

コレクションの紹介も一巡しまして、新たに欲しいモデルガンは多々ありますが、次々と買い足せる程の財力も置き場もないので、今後しばらくは以前に紹介したものを、ちょこちょこと弄っていきます。パーティングライン消すとか、ブルーイングする程度のことですが、更新ペースも月1回あるかどうかでありますが、そんなのでよろしければ、また覗きに来て下さい。

« ELAN-ROCKEN COLT’S MKⅣ/SERIES’70 GOVERNMENT MODEL 2004  PARTⅡ | トップページ | ELANのアクセサリー »

Marushin/SUZUKI」カテゴリの記事

HARTFORD」カテゴリの記事

コメント

「キットいつかは」のネーミングに笑わせていただきましたw

私も十分な下仕上げをしたつもりでも組み立ててみると「あれっ?!」と思うことはよくありますねぇ。
せっかく完成したと思ったのにそんな残念な箇所を見つけてしまうと「また今度~」と思いつつほったらかしになっているモデルの顔が浮かびます。(反省w)

コレクションの置き場は頭が痛い問題です。
私の場合、カスタムのための本体やパーツがゴチャゴチャとあるので家人に見つからないように収納するのが一苦労です(汗)
コレクションルームが持てる身分でもありませんのでコレクションの増加は慎重にならざるをえません。

GFCさんのブログは読者のみなさん楽しみにしていますのでこれからも更新よろしくお願いします。

GFC様こんばんは
自分の更新作業の前にGFCさんチェーック!と観たら更新されてる~!
しばらくと云わず他のガンもガンガン磨いてブログアップしてくださいませ~(ウソです ウソじゃないけど)
GFCさんの膨大なコレクションには全く及ばないにも関わらず私のブログコンテンツも今年1年持つかなという状況です涙~
毎回詳しい内容で楽しませていただいていますがこれからはたまには今回のような軽めのタッチの更新も混ぜて継続していただければイチファンとしてうれピーです。楽しみにしていまーす~

こんばんは。

子供の頃はキットモデルは組み立ててしまうと、あのデカイ箱が邪魔で捨てていましたw
今考えるともったいなかったですね。


コレクションの保管は同じく頭が痛いです。部屋がカオス状態で、我が家のリストラ案に真っ先に上がります。
毎回、妻には「大幅なリストラを前向きに検討中です」と、どこかの企業並みの発言でお茶を濁していますw

>Jumoさん
「キットいつかは…」と思っているのは私だけではないと知って、それで変な安心をしてそういうのが増えていきそうですw

収納場所には皆さん苦労しているようで、私より長物が多いJumoさんはどうしているの気になるところです。

>hajimeさん
今までのモデルガンをじっくり紹介しているのおは、しばらくありませんということです。
軽めの記事が続くと思いますが、これを機に磨いたりするきっかけになればと。

新たなモデルガンの紹介はHWSの26式発売までないか、衝動的に何か買ってしまうのか?

>VanVeenさん
貧乏性なので箱が捨てられませんw
でもMP40は組み立てると箱に入らないの困り物です。

与えられた収納場所が、そろそろ限界でして今後どうしようかと。過去にリストラさせても、また買い戻すというのを何回かやっているので、そうするのも意味なさそうで、どうしましょうかね。

昔はよくキットモデル買いましたけども最近はご無沙汰ですね。店頭で箱に入ったキットモデルはチラチラと見ているのですが・・値段が結構普通やな~と(>_<)・・HW素材のせいとかもあるんでしょうが・・そんなに不器用な方ではないと思っているので久し振りに挑戦してみようかと思ってきたGFCさんの記事でした(^w^)なに買おうかな~っと・(*^o^*)

ご無沙汰しております。
自分も完成品より安く、組み立てプロセスも楽しめるキットモデルは大好きで、多数組みましたが、現在はHWS、MKKの2社くらいになってしまったので、少し残念です。エランはキットでも高額で手が出ませんが、CAWあたりがキットをリリースしてくれないかなぁと思ったりします。
ブルーイングは思うように染められなくて難し差を実感しています。自分の場合は、研磨の根気がないかも?と自己分析しております。
今、欲しいのはHWS製のドラグーンなので、早くキットが出ないかと期待しております。

>SS32オートさん
今では、三万以上のハンドガンも珍しくなくなってきましたので、キットモデルになってもそんなに安く感じないのでしょうね。
材料費や人件費が上がり、値上がりも仕方ないとわかってはいますが、昔の相場を知っていると、高く思えてしまいます。

>TDF MRIさん
殆どのメーカーから、キットが発売されていたことも遠い昔ですね~
CAWも51ネービーのキット(金属パーツは無着色、バリ付)を出していた覚えがありますが、普通のキットを出して欲しいものです。
ブルーイングの経験も少ないですが、私も根気がないのでしょうね。ある程度までは磨くのも楽しいですが、疲れて来るといい加減になっちゃってダメですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キットいつかは・・・:

« ELAN-ROCKEN COLT’S MKⅣ/SERIES’70 GOVERNMENT MODEL 2004  PARTⅡ | トップページ | ELANのアクセサリー »