« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月22日 (日)

キットいつかは・・・

Dsc00879

2009年の正月休みに作ったHWSのSAAのキットモデルと、2010年の正月休みに作ったマルシンMP40のキットモデルですが、形だけはとっくに完成されてますが、パーティングラインを消し忘れていた所がありまして、GWを利用してそれらを修正し表面処理も完成させようと思い立ちました。

Dsc00847


まずはSAAのフレームの下側。ブルーイングしている時に気が付いたのですが、ここは隠れると勘違いしてそのままにして続行。組み立てた段階でやっと隠れてないことを知りました。

トリガーガード側の前面にもパーティングラインがありますがここは目を瞑りまして、フレーム側を修正します。

Dsc00892

ブルーイングしたと言っても、↑こんな出来栄えなので、全部磨き直したい所でもありますが、これはこれでアンティーク仕上げとも言えるので、ここは自分に甘く、最少の作業ですませてしまいます。

Dsc00863

一時間位で終了。ちょっとスッキリしました。

ブルーイングが綺麗に出来てこそ本当の完成となるのでしょうが、とりあえず染まっていますし、ブルーイングしたいものは他にもあるので、実行はいつになるやら・・・

Dsc00867

続いてはマルシンMP40のバレルナット、カラーの後の部分。カッターの刃を立てて削る作業まではしているのですが、ここも組み立てれば隠れると思い込み、これ以降のヤスリがけの作業はしなく、組み立ててから気づいたのですが、とりあえずブログの写真を撮ってしまうと後回しました。

この部分だけ修正すればいいと思ってたのですが、他にもパーティングラインが完全には消えてない部分も修正していくとあちこち気になってきまして。手を付けてなかったフロントキャップカバー、レスティングバー、リアサイトのゲート跡や押し出しピン跡の処理したり、マガジンハウジング上部にバンド部分、エジェクションポート前部が、キチンと成型されずに欠けているのでプラリペヤで修正したりと5~6時間かけての作業となってしまいました。

Dsc00895

とりあえず気になるところは修正したもの、作業した範囲が広かったので、コンパウンドをかけた後の段階になって、ヤスリの跡が完全に消えてなかったりして、完璧な状態にするにはまた結構な時間がかかりそうであります。

しっくりいかなかったスリリングの留め方も変えてみました。

Dsc00908_6

そんなことなので、両方ともまだまだ手を付けたいのですが、とりあえず気になっていた所だけは修正したので、また現状が気になり始めたら手を付けるとは思うのですが、自己満足の世界なので、どうなれば完成ということはないですよね。

コレクションの紹介も一巡しまして、新たに欲しいモデルガンは多々ありますが、次々と買い足せる程の財力も置き場もないので、今後しばらくは以前に紹介したものを、ちょこちょこと弄っていきます。パーティングライン消すとか、ブルーイングする程度のことですが、更新ペースも月1回あるかどうかでありますが、そんなのでよろしければ、また覗きに来て下さい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

ELAN-ROCKEN COLT’S MKⅣ/SERIES’70 GOVERNMENT MODEL 2004  PARTⅡ

Dsc00823

休止しておりましたが、変わらずに沢山の方々に訪問して頂き、ありがとうございます。

前回に取り上げたエランS’70が、調整から戻ってきたましたので報告致します。

Dsc00826

さて、結婚前日に「もしかしたら最後に買えるモデルガンになるかもしれない」という決心で購入したエランS’70でありますが、高額のため貧乏性の私はあまり弄繰り回すことも出来ずにたまに箱から出して眺めて、恐る恐る少し動かしては、指紋も拭き取って戻すということをしていました。

ブッシングやグリップの交換はししておりましたが、カートを詰めての装填、排莢はしたことがありませんでした。理由はカートを箱から出すには、つまんで取れないので箱をひっくり返すしかなさそうだったからでした。

ブログで記事にするにあたって、ようやくマガジンのカートを装填してスライドを引いて戻してみたところ、閉鎖せずにカートがチャンバーに半分入ったところで止まってしまう。ほぼ毎回である。

購入してから4年以上たってから気づいたことですが、これには愕然としました。リアルマッコイM1911と同じなのかと、憧れていた六研ガバは、こういうものなのかと。

取りあえず弄っている内に試しにMGCのマガジンを使ってみたら、問題なく装填、排莢をする。動かす時はMGCのマガジン使えばいいとも割り切れずに、MGCのマガジンとフォロワーの角度を合わせてみたが調子は良くならない。Gun誌2008年12月号のトイガン名銃ファイルを読み返すと2008年モデルでマガジンを作り直したということなので、エランへ問い合わせしました。

メールでのやりとりとしていると、バレルもガラス繊維入りに強化バレルに変わったので、折角なので交換することに。これにはフィッティング作業が必要ということで一度エランへ送りました。

送って直ぐに作業してもらったのだが、新しいマガジンとバレルでも調子が悪いのでまたエランへメールしました。客の物に作動傷を付けるとクレームを言う人もいるとのことで、動作チェックを最少にして戻したとのこと。

改めて作業してくれるということになり、もし会社へ持ち込んでくれるのなら発売前のブローバックモデルを撃たせてくれるということになり、それならばと浅草のエランへ持っていってきました。

Dsc00752

ブローバックモデル・コンバットガバメント、試作品の為にスプレー仕上げです。

YouTubeのposthobbyshibuyaさんのチャンネルで動画を観てもらったり、Gun誌のレポートの方が上手く伝わると思うのですが、ドキムネの発火体験は、まず一発目で「おぉ~」と声が出てしまいましたね。今までのモデルガンでは味わったことのないリコイル。しっかりグリップしていても、わずかにだが跳ね上がる銃口。動画よりもカートの飛びが良い感じで(2.5m位)落下位置がまとまっていました。

製品化されたアルミ製のカートの他に、試作の真鍮製のカートでも撃たせてもらったのですが、これまたさらに強烈なリコイルでして、アルミが「ビシッ!」なら、真鍮は「ドシッ!」という重い撃ち応えで、どちらも魅力的でしたね。

とのかく、初めてブローバックモデルガンを撃った時以来の感動で、モニターとしてテストしていたユーザーの方が「これさえあれば、他のモデルガンはいらない」と言ったとか。その気持ちも解るかなと一瞬思いましたけど、やっぱり手放したくないモデルガンは沢山あるわけでして、でも余裕があるのならば¥189,000出して購入しても良いとは思いましたよ。

2月末でしたのでまだ撮影も禁止されてしまいましたが、今月号のGun誌の載っているマシンピストルの試作も見せてもらいました。その時はまだセレクターの付いていない状態でしたが、動画もあるので思ったより早くに製品化が進んでいるようです。

Dsc00755

他にも試作パーツを見せてもらったり、ちょっとした裏話を聞かせてもらったり貴重な体験をさせてもらいながらS’70を預けてきました。

Dsc00789

それで、この度バージョンアップして戻って来ましたS’70です。購入時とこれだけのパーツが変更しました。グリップは、別に購入したヘレッツ社のは落ち着いた感じで悪くはなく、実銃用と同じというは気分が違ってきますが、最初から付いていた物の方が木目は綺麗なので、気分で付け替えてます。

Dsc00802

上が新型マガジンで、ボトムの刻印他、背面の溶接方法、QPQ窒化処理により、リップを固くした錆びないマガジンにとのことで、もちろん作動面も良好です。

Dsc00819_2

下がガラス繊維入りの新型バレル。2004モデルのスライドに合わせるため削ってあります。チャンバーの金属板は2004モデルは後加工でした。そして新型は寸法上は1mmあるかないかですが若干長くなっています。

Dsc00778

長くなって、以前より少しだけブッシングより飛び出したバレル。ちょっとだけカッコ良くなった気もします。

Dsc00817

スライドストップのかかりも悪くなったので、新マガジンと相性の良い物に交換してもらいました。下が新型で、よく見たらペン先で指した部分が少しだけ長くなっています。

Dsc00759


Dsc00776

スライドストップとサムセフティはブルーイング仕上げに、トリガーとハンマーはシルバーで、そういうモデルもあって間違いではないのですが、私の好みで側面のみシルバーに塗装してもらいました。

Dsc00839

エランのガバメントは他メーカーの物と比べると、何倍もの価格差がありますけど、材料から製造方法、アフターサービスも含めると、その価格にも納得できます。

今回改めてS’70を弄繰り回し、エラン訪問したことでもう一挺、出来るならば入手したいところでありますが、安月給の身分ではやはり手の届きずらいものであります。

私のS’70もパーツ交換したり、作動痕も増えて、仮に中古に出した場合の価値はなくなってきました。その分、私自身の愛着(価値)は増してきました。やはりモデルガンは箱にしまってばかりではいけないのだと、改めて思いました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »