« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月19日 (日)

SIGHT

Ap12001

色々とありまして、コメントの返答が遅くなったり、更新が滞っているのが続きまして申し訳ありません。、そんな状態でも変わらずに大勢の方が訪れてくれて、ありがたくおもいます。去年のように約週一更新とはいきませんが、ボチボチとやっていきたいと思います。

今回は毎度、コメントを書いてくださっているSS32オートさんから頂いた同人誌「SIGHT」を少しばかり紹介していきます。

まず23号(1991年2月発行)のこの表紙のホーグのナショナルマッチ・カスタムに驚かされます。SIG P210のようにスライドをフレーム側から包み込んでおります。Jumoさんの「ゆも庵」1月4日の記事にあるジム・ボランド作の「FK(エフケイ)」もガバのスライドをこのように加工しておりますが、モデルガンでこれを実現するとは!強度面は大丈夫なのだろうかと興味あるところですが、誌面ではこのカスタムについて振れていないのが残念であるります。

Ap12002

裏表紙は「ミカドロイド」、誌面でも撮影現場レポートが載っています。他には国際産業のルガー22オート、中田のブローニングハイパワー、MGCの金属M16、九六式軽機関銃の電着銃の記事等とかなりマニアックな内容となってます。

Ap12003

こちらは増刊3号(1991年5月発行)、表紙にあるとおり、創刊号(1985年11月発行)から8NO.8(1987年2月発行)までの記事をまとめたものです。

この増刊用にMGCモーゼルHSCの記事が書き下ろされていますが、No.1~8の記事としては、マルゼンカップやMGCのGM6のレポートやスティールチャレンジのレポートとエアーソフトガンが盛り上がっている時代を感じさせる記事が多いです。

Ap12004

裏表紙のイラストもちょっと時代が感じさせます。SIGHT誌のホームページによると、発行はNo.41から止まっているようで、HPの更新も2002年4月からしていません。販売店のリストを見ると同人誌でありながらガンショップ以外でも、書店での取り扱いが思ったより多かったのには驚きました。当時、北関東にいた私には目には入りませんでしたが・・・バックナンバーを見ると読んでみたい記事はあるので、増刊号はまた発行してくれればと思うのですが、せめてHPの更新はしてもらいたいですね。

Dsc06522

前回、紹介した「BIG SHOT 日本映画のガンエフェクト」は好評なようで、手に取られた方も多いと思う。発売から日数も経っているので、今更私がどうのこうの書くより、荒鬼さんの「愛銃総進撃」4月3日の記事TDF MRIさんの「ウンチク野郎の、空と模型とトイガンと」の4月4日の記事を読んでもらったほうが、的確な解説をしてくれてますので、まだ購入を検討中の方はそちらを参考にしてもらったほうが良いですね。
この本を読んでの思わぬ収穫はタニオ・コバの小林代表とKSCの寺田代表が新作モデルガンについて語っていることですかね。様々なモデルガンが発売されたほうが、日本映画においても小道具のバリエーションが増えていきますからね。モデルガンと日本映画は共に歴史を重ねていった物だということが良くわかります。

次回更新は5月中に、モデルガンの紹介を一回位はやりたいと思っているのですが 、、、
ネタが無くなってしまったわけでもないのし、モデルガンに飽きてしまったわけでもないので、ブログの休止はしないですが、ブログに時間をかけられない状態はもうしばらく続きます。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »