« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月12日 (月)

SHOOTIST MGC CATALOG 1989 DELUXE EDITION

Ja12001

Jumoさんの1月4日の記事で1987年の週刊プレイボーイにて掲載されたイチロー氏撮影のカレンダーが紹介されております。そのカレンダーは私も保存していたつもりなのですが手元に見つからなく、あやふやな記憶でコメントを書いたら勘違いしてしまいました。
今回はその勘違いの元になった「SHOOTIST」の中からいくつかのカスタムガンを紹介します。

MGC創立30周年記念として、MGC1989年版カタログのデラックス・エディションとして、「SHOOTIST」を発刊しました。
内容はリアルガン・コレクション 18ページ
イチロー氏のMP5A3の記事 14ページ
イチロー氏のAR-15A2の記事 12ページ
カナディアン・サバイバルゲーム 8ページ
MGCエアーソフトガン IN USA 25ページ(ロブ・レイサムやミッキー・ファラー、SWATチームにMGCのエアーソフトガンを撃たせてます)

MGC1989年カタログ部
エアーソフトガン12ページ+ガスやBB弾等1ページ
モデルガン11ページ
スコープ+オプティカル・サイト2ページ
ホルスター+アクセサリー3ページ

デラックス・エディションなだけカタログだけでなく、記事も充実した豪華な内容となっております。リアルガン・コレクションの中から、プレイボーイのカレンダーと被らないカスタムガンを掲載します。

Ja12002

珍しいM645ベースのIPSC対応カスタム、シングル・アクション化されコック&ロック出来る「クーガン・カスタム」

1989年のカタログでは、ガスガンのM645が一番の新製品だった時代です。
MGCが後に発売したピン・ポインターはセフティをスライド側に移しており、M645の弱点を克服している。

Ja12003

ボウランド作「9mmメイジャー」これの元はイチロー氏が始めてビアンキカップに出場した時に使用したナイゴード。ボウランドはボウランドの良さがありますが、カタチとしてはナイゴードの方が個人的に好きです。でも実際に試合で使っているイチローとしては、ジャムる銃なんかじゃしょうがないだろうけど。

Ja12004

「THE PENCIL」プレイボーイのカレンダーに載っていると勘違いしたのがこれ。
無駄を排除したシンプルなスタイル。シンプルすぎる感じもするが、その無駄の無さが魅力的でもあり、何だか気になる一丁。

Ja12005

ヒューニン・カスタム。ビアンキカップ用のカスタムガンで、バリケード・シューティングでマズルを握るスタイルが定着してきたが、まだシュラウドタイプが登場する前で、カスタムガンの美しさを持っていたのはこのあたりが最後ではなかろうか。

Ja12006

ジョン・フレンチ作のイチロー氏のビアンキ・カップガン。
ユニバーサルのような派手さはまったくないが、世界19位の記録をつくったというのがうなずける。優れた機械としての美しさを持つ。

Ja12008

小さなコンペンサーを追加しただけの「フレンチ・カスタム」
NewMGCのカスタム・ガンとしても発売されておりました。
さりげないカスタムというのもいいのですが、押しが弱い感じもして購入にはいたりませんでした。

Ja12010

カタログ部分は、ただ並べて真横から撮影されており、1994年のカタログように小物を配置した写真ではないので、面白みがやや欠けますのでキットモデルのところだけ。昔のカタログを見るのは楽しいのですが、買っておけば良かったなと思えるものばかりで、、、今なら安いと思える金額でもその時には変えなかったのだよね~

「SHOOTIST 1990 MATCH EDITION」というのもありますので、こちらもやがて紹介しようと思います。

色々ありまして、モデルガンの紹介記事が書けるのは2月中旬頃になりそうなので、気長にお持ち下さい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

謹賀新年

Dsc06102

皆さん、あけましておめでとうございます。

年明けぐらいは少しぐらい派手なネタを持ってきたかったのですが、年末に書こうと思っていたのですが、2008年を少し振り返っていきます。

週一のペースで更新していくつもりが、冬になって隔週位になってしまいました。今年は頑張って・・・というのではなく、申し訳ないですが更に更新ペースは落ちていきそうな状況です。約7割程のネタを紹介していき、残りも3割位なので、これからはのんびりと更新させて頂きます。定期的に覗きに来て下さってる方は、間隔を今までの倍ぐらい開けていただければと。

さて、出るたびに紹介してきているGun DVD。第4弾の「マシンピストルの世界」です。

今回はCGのメカニズム解説と、ハイスピードカメラが今までで一番活かされております。エンプティケースが舞い散る様を観ているだけでも楽しいです。モデルガンを発火させたくなる衝動に駆られます。タナカのG18が欲しくなってきましたw

ちょっとネタばれですが、映像特典の激レアモデルの射撃シーンとは、ジャイロ・ジェット・ピストルですぞ!

080412_22280001_2 

080701_17010001

昨年7月のことになりますが、いつもコメントを頂いているSS32オートさんから、ジャンクだったMGC 32AUTOの修復と塗装が終わり、その報告を頂きました。

説明書のコピーを送っただけですが、このように綺麗に仕上げられたの見ると、私としても嬉しくなってしまいます。お礼にマルシンのハイパワー・カナディアン(MF)も頂いてしまって、かえって申し訳ないぐらいです。改めて、ありがとうございました。

このような繋がり出来たのも、ブログをやっていて良かったと思います。

繋がりといえば、だいじそさん主催の第2回 党大会にもMARUさんからお声がかかり、参加させていただきました。

Dsc06059

ビンゴで頂いたGun誌のバックナンバーです。こちらはmaimaiさん提供の物。表紙には六研ランダルやMGCスターリングも使われています。広告は実銃のも多いですが、モデルガン関係は目にしたことないものばかりで、それだけでも楽しいです。

Dsc06050

Dsc06049

それとパックマイヤーのGM用ラバー・ホルスターを頂きました。どなたが提供されたか、わからなくすみません。

きつ過ぎて、ホルスターに差し込むのも抜くのも一苦労です。MGCはスライドが幅広だからというのもあるのでしょうが、、、入れっぱなしで放置しておけば、そのうち伸びるかな?

私からは昨年9月8日の記事で、GM9につけていたキャロムのフィンガーチャンネル・グリップと、ガチャガチャのゴムてっぽうしか出してないので、貰いすぎな感じなのですが、みなさん結構、豪華な景品も惜しみなく提供されておりました。

その他、見事な一品をいくつか魅せて頂き「ちょっと、それ私に下さい」と言いたかったですよw

これまた遅くなりましたが、楽しい時間を過ごすことが出来ました、ありがとうございます。

Dsc06106

ちなみに今、GM9にはアルタモントのフィンガーチャンネル・グリップを付けてますw

Dsc06091

最後に2009年ということで、9mmオートを9丁並べてみましたw

更新ペースは遅くなりますが
今年も宜しくお願い申し上げます。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »