« HECKLER & KOCH P7M13(2nd model/US standard version) | トップページ | 文功堂 在庫一掃セール! »

2008年12月 7日 (日)

MGC SIG P210

Dsc05898

一体、どのようなカートリッジを使用したのかタナカのカシオペア・モデルは殺傷能力ある「真正銃」と認められてしまい田中社長が逮捕される事態になってしまった。この報道により、トイガンに対する目は益々厳しいものになっていくので、取り扱いには充分注意していかないと、さらなるトイガン規制が行なわれる恐れがあります。

今回は46年規制の対象から外れたABS樹脂を主材料として、プラスチック製ブローバック・モデルガン第1号として登場した、SIG BLKのCP-HWカートモデルのP210を紹介していきます。

Catalog

P2105_3

1979年頃のMGCカタログより

Catalog85

1985年のMGCカタログより

1972年に製品名を「SIG ブローバック」として発売後、紙火薬からキャップ火薬仕様と変更とし、やがて製品名を「SIG SP47/8」と変更した。1990年からCP-HW方式となり、製品名も「SIG P210」とアメリカでの名称となった。1993年にはHWとなり、新日本模型になってからも再販された。その長い歴史の間には上のカタログにある「P210-5」や「フラッシュガン」等の限定品。他にNewMGC上野店閉店セール時には「ローランド・カスタム」、MGC工場閉鎖間際にノバック・サイト装備の「P210-6」が発売され、現在でも在庫している店舗もあります。

Dsc05869

Gun誌を読んで「SIG P210って、カッコイイなぁ」と思い始めた頃には、MGCから発売されていたは知っていたが、自分がモデルガンに興味を持つ以前に発売され、ショートリコイルもしないSIGは、当時、次々と発売された新製品と比べると時代遅れな感じがあり、購入対象にはしばらくならなかった。
やがて、とある自主映画でSIGが使用されているのを観て、SIGという選択肢もあるのだということに気づいて、CP使用のP210を購入したのですが、「これはGun誌の写真で見たものとはやはり違いすぎるのではないかい?」と思い、一度手放してしまってます。

Dsc05829

それから2004年になって、中野ブロードウェイにあるモデルガンショップが閉店セールをやっているという情報を聞きつけ行ってみたものの、これといった商品は残っておらず、そのままMGTSへ出向いたときに見つけたものです。一度手にしてますからMGCのP210の出来映えは充分にわかっていましたが、設計された時代も理解出来るようになり、この頃(今もですが)はツルピカのABSモデルガンを欲していたときでした。

Dsc05862

それに、この頃にHWモデルが再販され、マルベリーフィールドから木製グリップが発売されたのを知り、木グリを付けられるならまたP210が欲しいという気持ちがあったところで、タイミングよく見つけて、購入したものです。

Dsc05782

Dsc05779

側面の刻印はSP47/8からP210(CP仕様)になった時に変わっています。

P72381はイチロー氏所有の物にあわせたと思ったら、イチロー氏のはP75076でした。
SP47/8の時のP07238からPの後の0を取って、末尾に1をつけたようです。
P07238は1972年3月8日を表してるのではないかと故・ジャック天野氏は書いてます。(Gun誌1980年11月号モデルガン・ダイジャエスト)
SP47/8の時は、スライド上部エジェクション・ポート付近にスライド側面と同様に「SIG M SP47/8 CAL. 7.63」「P07238」の刻印があったが、P210になってから無くなってます。 

Dsc05820

これぞMGCと言うべき、独特のメカニズムです。最初のABSブローバックモデルガンとして、耐久性をかなり考慮したと思われます。パーツ点数はすくないが、組み立てはセフティーレバーがEリングを重ねて付ける所とかやっかいです。

Dsc05851

P210用CP-HWカートリッジは32AUTOP-08と共通です。
9mmパラベラムのダミーカートと並べてしまったが、MGCのは7.63mmモデルというのは、実は本文を書いてる時に気付きました(汗)。なのでカートリッジのサイズは、そんなにかけ離れてはいません

Dsc05858

P210からP220になり、劇的な進化を遂げいて、これといった共通点が見受けられない。

P220のモデルガンはMGCとタナカからそれぞれ完成度が高いのが発売されたが、P210は36年前に設計されたこのモデルのみである。MGCのP210は初のABSモデルガンとして歴史的な趣のあるものだが、やはりハンマー・メカニズム・ハウジングが簡単にはずせるのが欲しいのですが、マルシンのガスブロのモデルガン化を早く実現させてもらいたいですね。

Dsc05873

|

« HECKLER & KOCH P7M13(2nd model/US standard version) | トップページ | 文功堂 在庫一掃セール! »

MGC/TAITO/SNM」カテゴリの記事

コメント

党大会ではお疲れさまでした。
GFCさんとはもっとモデルガン談義に花を咲かせたかったのですが、話が発散してしまい申し訳ないです。
またの機会にまたよろしくお願い致します。

P210の記事が出ているので早速やってきましたw

私も「MGCのP210は実物と違う」と思い、買い渋ったクチです。
形状には不満があるものの、シンプルな構造とセンターではないにしろ当時は珍しいファイヤリングピンでの撃発方式とあいまって発火に適したモデルでした。

マルベリーの木グリはやはりP210の必須アイテムですね。
透明のSFモデルがMGCで安売りしているときにシルバーパーツをABSモデルに換装してみようかと考えましたが、当時木グリがなく自分の思うP210にならないので断念した思い出があります。

MGCの後継であるKSCはP210のモデルガンを出すことはないでしょうから、ここはマルシンに望みを託すしかないですね。
マルシンからモデルガンが出たら出たでまた色々と弄ってしまいそうですw


投稿: Jumo | 2008年12月 8日 (月) 00時56分

もっていました、、、いまはダイジソさんが
所有しています。私はちゃんとした
モデルガンが欲しいのです。

アニメだとマドラックスという作品で
ヒロインがこの210を愛銃として
出てきます。マガジン交換とか少し
可笑しな描写がありますが、、、

投稿: MARU | 2008年12月 8日 (月) 22時12分

>Jumoさん
主役不在時の仕切り等、お疲れ様でした。
次回またお会いする機会はそう遠くないと思いますので、じっくりお話しましょう。
家もそんなに遠くないことですしw

P210はすぐに食らい付いてくると思ってましたwでもMGCはまだ登場してませんよね?

SFモデルは、このカタログを見ていた当時から安売りされてるけど、透明はいらないよな~と思っていたら、現在になって、凄い値段が付いているのにびっくりです。

トリガー、ハンマー、スライドストップをシルバーにすれば、もちっとそれっぽくなりそうなので、やってみようかと思いつつ、重い腰が動きません(汗)

マルシンも再販ネタもなくなってきたので、そろそろ新作お願いしたいですね。

投稿: GFC | 2008年12月 8日 (月) 23時07分

>MARUさん
MGCのはちゃんとしていないというのも、失礼かもしれないですが、ちゃんとしたP210は発売して欲しいものです。

マドラックスというアニメは知らなかったですよ。ノワールは観たのですが、監督が同じみたいですね。

投稿: GFC | 2008年12月 8日 (月) 23時19分

こんばんは。
子供の頃はその設計の古さや軽さが嫌いで見向きもしなかったのですが、当時CM誌を飾ったイチロー氏のSIGの美しさに惚れ直した覚えがあります。
大人になりMGCらしさを受け入れられるようになるとさらに惚れ直しました。
シャープさと優美なラインが魅力で見飽きることありませんネ。

投稿: VanVeen | 2008年12月 8日 (月) 23時27分

そういえば、近所に透明なP210が売っていますが、珍しいのですか・・・。買いですね。あと透明なタナカのルガーも売ってまさたのでそれも買いですね。

投稿: エルダム | 2008年12月 9日 (火) 00時33分

うわ~、コレです。コノ木グリが入手出来ないばかりに、まだP210がアップ出来ないでいるんですよ。。。もはやネットに頼るしかないのですが、中々巡り会えませんw

SFモデルは、初めてMGC渋谷店に行った時に、ワゴンセールにて1000円で買いました。そんなに高額になってるんなら、実家に行って探索してきます!

投稿: 荒鬼 | 2008年12月 9日 (火) 01時23分

>VanVeenさん
こんばんは。
私も同じような感じで好きになってますね。
MGCらしさを受け入れられるかどうかで、MGCのP210の評価は変わってくると思います。最初の購入の時は、ちょっと受け入れなかったですが、今ならOKです。
でも、より完璧な物を。という気持ちもやっぱりありますね。

投稿: GFC | 2008年12月 9日 (火) 22時58分

>エルダムさん
近所にまだ売っているとは!
しかし一部中古市場で高値が付けられておりますが、投資目的で購入して、高額で売れるという保障はありませんので。
タナカのは、あと何年も経たないとプレミアにはならないと思いますよ。

投稿: GFC | 2008年12月 9日 (火) 23時09分

>荒鬼さん
木グリを店頭で見かけた時期は、たしかに短かったので、あまり数多く作られてなかったかもしれませんね。手放す人も少なそうですが頑張って探してください。
SFモデルを所有しているとは、流石ですね~
安売りされたのに限って、無くなると高くなっちゃうのですよね~
しかし珍品なので、売るのももったいないですよ。

投稿: GFC | 2008年12月 9日 (火) 23時19分

SS32オートです。あ~Pー210!僕個人の感想ですが握った感触はオートピストルの中で一番か二番かと・・フォルムもなにか女性的な美しさですね・・45オート系の反対側に位置する存在ですね。僕もABSツルピカタイプでCPカート仕様は持ってますよo(^-^)o~・もち未発火鑑賞用ですね~たしかモデルガン衰退期にPー08と二丁セットで神戸のMGCボンドショップにて購入しました。たぶん二丁あわせて一万円くらいでした・・

投稿: SS32オート | 2008年12月11日 (木) 15時08分

>SS32オートさん
グリップの握った感じは確かに良いですね。私はP220のグリップも結構好きです。SIGはその辺りは良く考えてるのでしょうか。でも、この木グリはラインが少しあってないのが、ちょっと不満です。
同じ仕様のものをお持ちですか。何かオープンタイプのSP47/8を持ってるイメージがありますねw
CPタイプのABSモデルはカート付きで定価が¥7200で、P08が¥8500だから2~3割引くと1万くらいですよね。今じゃ1丁も買えませんよ。。。

投稿: GFC | 2008年12月13日 (土) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220180/43212627

この記事へのトラックバック一覧です: MGC SIG P210:

« HECKLER & KOCH P7M13(2nd model/US standard version) | トップページ | 文功堂 在庫一掃セール! »