« KSC KINGCOBRA ULTIMATE BLACK MODEL 4in/KSC TROOPER MKⅤ 4in | トップページ | MGC SIG P210 »

2008年11月22日 (土)

HECKLER & KOCH P7M13(2nd model/US standard version)

Dsc05706

久しぶりのエアーソフトガン記事です。一周年記念プレゼントで手持ちのエアーソフトガンは殆ど手放しましたが、MGCのは残してありまして、そこからH&K P7M13を紹介していきます。

1994catalog

MGC ALL CATALOG 1994からH&K P7M13の頁

MGC H&K P7M13はブローバック・ガスガンとしてグロックに続く、第2弾として1992年に発売されました。Gun誌1981年1月号でターク氏のH&K P7の記事を読んでから、P7のモデルガンの発売を望んでいたわけだが、マルゼン、東京マルイのエアーコッキング。そしてMGCのガス・ブローバックと現在のところ、エアーソフトガンでしか販売されていなく、すべてダブルカアラムのP7M13モデルである。私が好きなのはターク氏がレポートしたマガジンキャッチがグリップ底部にあり、トリガーガードにプラスチックのガードもないM8でもないP7-STDなのですがね。トイガンとしては装弾数が多いくて、タンクの容量が多いM13の方が良いのでしょうが、只のP7が一番美しいと思います。

P7M13もグリップが太くて少々ブサイクであるが、それもまた良しと言える範囲なので嫌いではないですが、頭でっかちのP7M10は論外です。

Dsc05719

モデルガンでなくエアーソフトガンでも、P7-STDでなくP7M13でも、P7シリーズがトイガン化されれば気になるもので、 モデルガン派の私でも市場がエアーソフトガンばっかりになれば手を出したくなり、MGCのCz75 1stのガスブロを買ってから、これもまた結構面白いなと思い、P7M13も池袋のポストホビーで半額だったので購入した物です。

Cz75は最終弾を撃ち終えた後、スライドストップが掛からなかったり、マガジンだけやけに重く、本体がスカスカに軽いところとか気にいらずに売却しましたが、P7M13はこの豪華なケースとかHWの重量感とか気に入っているのでガスガンといえど手放せない1挺になっています。

Dsc05725

Dsc05729

実銃の記事を参考に部分的に刻印にホワイトを入れてます。

HWはセカンドモデルUSスタンダードバーション、ABSのはサードモデルUSバージョンの刻印だそうで、ポストホビーにはHW、ABS、シルバーと各種とも半額で売っていたのだが、単に黒くて重い方が良いかなと思ってHWを買いました。

Dsc05721

エジェクション・ポートから、金色のカートリッジが見えないのが残念であります。

Dsc05735

私はトイガン・シューターではないのだが、明様に狙った所から外れてBB弾が飛んでいくのがわかる、というのもどうなんでしょうといった集弾性能です。

Dsc05717

マガジン1本¥4,500は高いなと思いながら、銃本体も安く買ったし、SHOOTERのホルスターも高くなかったので一揃えしてしまった。

Dsc05738

イチローさんの妄想小説「紫電の炎」
内容は、、、え~っと何といいましょうかね。。。
携帯小説に先駆け、横書きなのは斬新ですよw

何でヒロインにP7M13持たせたのでしょうね?イチローさんP7M13のことそんなに好きでした?私でもこのグリップは太いのですが、よっぽど手の大きな女性でないとまともに握れませんよ。

Dsc05750

実は1995年の5月に池袋になったMGCの修理センターで一週間程、アルバイトをしていたことがあります。

会社を辞めた後、NewMGC新宿店で募集広告を見つけ、現場の修理センターで面接の後、月曜日からアルバイトを始めましてガスブロのM9とCz75の内部のかみ合わせ部、特にピストン部分をガリガリ削る仕事やってたのですが、その時には「前の仕事を辞めて良かった。これは天職かもしれない」と思っておりました。昼休みは弁当を食べたらすぐさま、シューティング大会で楽しかったですよ。
しかし、そんな楽しい日々も3日目水曜日には暗転します。その修理センターは社員3名アルバイト2名で問題なかったのですが、そこを管理している所から電話がありまして、バイトは1名しか採用するつもりはなかったらしく、後から入った私は切り落とされることになってしまい、金曜日までのわずか5日間のみ働きました。

そこで働いてる時に先輩から、「調子が悪いの持ってくれば直すよ」と言われ、このP7M13がスライドストップが利かなくなっていたので持っていったことがあります。
先輩はグリップを外すなり「グリップ外したでしょ?これは開けてはいけない『パンドラの箱』なんだよ」と言われたのをよく憶えています。
スクウイズ・コッカーを握って、スライドをリリースする動きが見たかったのですよ。今回また『パンドラの箱』を開けてしまいましたが、何も動かさずに撮影だけして、すぐに閉じたので問題は起こりませんでしたw

その時に修理センターで働いていた方々、もしここを御覧になっていたらコメントお願いしますね。

Dsc05765

P7M13とUSP(P8)とのツーショット。H&Kの製品でモデルガン化されたのは、MGCからVP70とこのタナカのUSPのみである。 幻に終わったハドソンのMP5なんてありましたね~
もう旬が過ぎてしまった感のあるP7を、今後モデルガンとして発売というのも、中々望めそうもないですが、スクウイズ・コッカーのメカニズムの完全再現に挑戦してもらいたいものですね。

Dsc05752 

|

« KSC KINGCOBRA ULTIMATE BLACK MODEL 4in/KSC TROOPER MKⅤ 4in | トップページ | MGC SIG P210 »

AIR SOFT GUN」カテゴリの記事

MGC/TAITO/SNM」カテゴリの記事

コメント

これは、シルバ-とHWモデルを持っています。そうか~パンドラの箱だったのね。
印刻はポ-ト側のスライドのHKの文字が
シルバ-が太くてHWは細いですね。

化粧箱の豪華さで今でも手元にあります。

投稿: MARU | 2008年11月23日 (日) 07時42分

MGCのP7は発売と同時に買いました。
私もターク氏の記事を読んでからずっとP7が欲しかったクチで、発売前からGalcoのホルスターを買ったりして盛り上がったのですが、あのぶっといグリップを見て若干盛り下がったのはよい思い出ですw

MGCにお勤めとは貴重な経験ですね。
趣味と仕事は別の方がよいと言いますがその後も長年お勤めだったらこの趣味との付き合い方も変わったのかもしれませんね。

盛りの過ぎたP7こそモデルガンにしてよい頃合いじゃないかと思うのは私だけ?
多少高価になってもよいのでKSCあたりにキッチリと作ってほしいですね。

投稿: Jumo | 2008年11月23日 (日) 07時55分

あたしもHWモデルを持ってます。しかも刻印に「白」入れてます!!同じだっ!と思いましたよー(一部飛ばして入れてるのも同じ!)
M13ではなくM8(シングルカラアムの方)が欲しいです~
マルイも持ってますがこちらの方がリアルサイズと聞きますよねMGCのはちとでかいようですね でもこのモデルHWは特に何か頑丈で所有感があり、俺はドイツ製だぜっと言った「かちっと」感が好感が持てて手放せない1丁ですね
アクションは僕も1度スクイズコッカーを馬鹿にして入院しましたそれ以来(この修理ばかりしにくるお客さんがいて困った話をお店で聞きました)これはよく壊れる部分だから間違ってもマガジン無しでスクイズしないようにと聞きました(それからはビビってあんまり動かしてない)
ブローバックの感じも好きですね今のブローバックと違い「バシッ」とモデルガンばりのスピードで動くのがカッコ良いですね~
まあ撃たないですけどねー何かと良いことを
聞きません銃ですがお気に入りの1丁です

投稿: hajime | 2008年11月23日 (日) 17時03分

おひさです。SS32オートです!MGCのPー7僕も興味を持っていたのですが知らぬ間に市場から消えていきましたね・・マルゼンのカート式のは持ってたんですけどね。・・GFCさんMGCの修理センターで働いていたなんてスゴいですね。ビックリです。もしそのまま残って開発部門の社員さんとかになってたら・・モデルガンファンをうならす銃を開発してたかもしれませんね~(^-^)/

投稿: SS32オート | 2008年11月23日 (日) 20時35分

自分は中古のMGCのP7M13を所持してます。スクィズコッカーの「ガキッ!」が大好きでときたま動かしてますが調子悪いな・・・。グリップ外したのと動かしすぎが原因だったのか・・・。
イチローさんは昔は夢があったのに最近のSATとかコンバットの雑誌のリポートが何を言いたいのかよくわからない文章(前に言ってることが変わってるような。あと同じことを何度も・・・)になっているので残念・・・。写真はいいのに。

投稿: エルダム | 2008年11月24日 (月) 09時52分

>MARUさん
P7M13シルバーといえばダイハードの敵役を思い浮かべてしまいますw
それでMGCのは、HWに初めてメッキしたものなのですが、剥がれは大丈夫ですか?
シルバーの刻印はセカンドモデル米国仕様最終モデルの刻印だそうで、まだMGCに余裕があったから、こういう細かい仕様分けが出来たのでしょうね。
化粧箱の色もそれぞれ違いましたよね。

投稿: GFC | 2008年11月24日 (月) 18時22分

>Jumoさん
MGCからP7が発売となれば、気になった物ですがM13だったこととガスガンということで半額になるまで手を出さなかった私と比べますと、発売前にGalcoのホルスターそれも左利き用を取り寄せるとは気合の入り方が違いますね~

MGCでのバイトは5日間のみということで、余計に貴重な体験となってしまいました。これが良かったのか悪かったのか。仮に社員になって残っていたとしてもMGCはこんな状態ですからね~

>盛りの過ぎたP7こそモデルガンにしてよい頃合いじゃないかと

確かにそうかも知れません。エアーソフトガンと違い、真っ盛りに時に発売されたモデルガンの方がすくないですからな。KSCで造ってくれたなら、きっと素晴しい物になりそうですね。

投稿: GFC | 2008年11月24日 (月) 20時06分

>hajimeさん
お、同じく刻印に「白」を入れてますか。
しかし、実銃も何で部分的にしか入ってないのでしょう?
マルイの方がリアルサイズとは知りませんでした。MGCはまだガスブロ初期の製品だから大きくなってしまったのでしょうか。
hajimeさんもスクイズコッカーを壊してますか。私が修理センターにいる時には、他にP7は来なかったと思いますが、壊れやすい部分なんですね。そう聞くとあんま動かせなくなっちゃいますね。
この頃のブローバックはBB弾の発射と同時にしてましたからスピードが早かったのでしょう。おかげで集弾率は下がってしまいましたが。

投稿: GFC | 2008年11月24日 (月) 20時20分

>SS32オートさん
P7を始めてトイガン化したのはマルゼンでしたね。これも気にはなったのですが、あのコンペンセイターがね~切り取っちゃえば良いのでしょうけど、今となれば貴重な一品ですよ。

会社を辞めた時と、バイトを募集していた時が上手く重なっただけで凄いことではないですし、なんせ5日間ですから(汗)
仮に社員に昇格してたとしても、文系の私には開発なんて出来ませんw
実はその後にハドソンに履歴書を送りましたが、そのまま返されましたw

投稿: GFC | 2008年11月24日 (月) 22時57分

>エルダムさん
P7は以外と人気ありますね~

最近のイチローさんの記事は読んでないのでようわからんですが、そんな感じなのですか。Gun誌のスチールチャレンジの記事で写真を見ましたが、随分と年齢を重ねてますが頑張っておりますね。
イチローさんの写真は、昔は好きだったのですが、いつの間にか赤や青のライトをあてるようになって、あんま好きじゃないのに。なのに皆が真似し始めたものだから、同じような写真ばっかりになってしまったのが嫌ですね。

投稿: GFC | 2008年11月24日 (月) 23時11分

たしかにマルゼンのPー7は面白い銃でした・コッキング式エアーガンでなぜかBB弾より強烈なカートの排出がありましたね。コンペンセイターもどきは僕もすぐにぶっちぎりましたね(^O^)/。GFCさん・・ハドソンも狙っていたとは~・・ぜひ入社して欲しかったですね。僕個人の意見ですがGFCさんみたいな遊び心のある人がメーカー側にいればきっとおもしろいモデルガンが世に出てきたかもしれませんね!

投稿: SS32オート | 2008年11月25日 (火) 16時25分

>SS32オートさん
今度のマルシン・グロックとか、駄目になっちゃたけどカシオペアとか、エアーソフトガンもカート式に回顧しているようなので、マルゼンのカート式エアコキも復活しても受けそうな気がします。

ハドソンは狙っていたというか、とりあえず仕事がなくなったところで募集してたので応募しましたが、面接もせずにおとされたのは凹みましたよw

モデルガンメーカーにいても、偉くならないと好きな銃はつくれないだろうね。それが売れないと話しにならないわけで、そう思っていただけるのは嬉しいですけどね。今、メーカーに勤めてる人もおもしろい物を色々考えているけど、会社に事情等などで形にならないものがいっぱいありそうな気がします。

投稿: GFC | 2008年11月25日 (火) 23時15分

いよっP7♪
私も握りきれませんが、この仕上げ具合にメロメロです。
数ヶ月前にシルバーモデルを入手しましたがこちらもなかなかよろしいです。
握る度にシングルカアラムのモデルを熱望しますが、もう無理でしょうね。
これがモデルガンで出ていたら、と思うと胸が熱くなります。
でもほんとに気合いの入った仕上げですよねぇ。
名品です。

メール送りました。
届いていないようでしたらこちらにてお知らせ下さいませ。

投稿: だいじそ | 2008年11月27日 (木) 21時04分

>だいじそさん
この頃のMGCは仕上げがいいですよね。

シルバーも入手しましたか、ケースに収めると銃身前に空間があるので、それを見るたびにシューマッハカスタムが気になってしまいますw

グリップはやっぱ太いですよね。シングルカアラム欲しくなります。P8じゃない方を、それもモデルガンで発売したらというのは、まったくの同意見です。

しかしまたMGCのガスガンの仕上げとか質感の高さを見ると、手放せない名品であります。

メールは届いてないので、こちらからお送りしました。

投稿: GFC | 2008年11月28日 (金) 23時17分

that's really a fantastic post ! ! added to my favourite blogs list.

投稿: galco holster | 2009年6月16日 (火) 16時08分

to galco holster

I blog about toy guns in Japan, yet you subscribe to favorites, thank you

It is not possible to buy it in Japan though there are a lot of attractive commodities in Homepage. It is regrettable.

投稿: GFC | 2009年6月17日 (水) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220180/43132631

この記事へのトラックバック一覧です: HECKLER & KOCH P7M13(2nd model/US standard version):

« KSC KINGCOBRA ULTIMATE BLACK MODEL 4in/KSC TROOPER MKⅤ 4in | トップページ | MGC SIG P210 »