« MGC SIG-SAUER P220 | トップページ | MGC NEW POLICE PYTHON357 6in »

2008年9月26日 (金)

KOKUSAI NEW COLT PYTHON .357MAGNUM 6in

Dsc04971

今回は久しぶりのリボルバー。ついにというか、やっと登場のパイソンです。

Photo_2

前にも書いてますが、兄が国際の旧M29を買った時に付いてきたカタログ「KOKUSAI GUN」これが私の教科書みたいなもので、当時は暇さえあれば眺めてました。(これは後にブラックホーク入手した時に手に入れたもの)カタログを開くとまず現れるのがこの写真、「コルト パイソン」という銃の名前もこれで覚えましたよ。

メインで写っている6inが一番カッコ良いと思いながらも、近所の模型店で2.5inが半額で売り出されており、それなら小遣いをかき集めればということで買ってしまいました。

Photo_3

パーツリストの頁を見ると、6inフレームにチェックしてありますhappy01

6inに換装するつもりだったのですね~、ファイヤーリングピン&スプリングにもチェックがはいっているのは、分解するのが面倒そうと思ってたからです。

1981_3_2

Gun誌1981年3月号の広告より、撮影はイチロー・ナガタ氏。この号でパイソン・ハンターを特集しており、その記事にも登場しているパリスアカデミー・インストラクターのハーマン氏をモデルに起用している。MGCより先にコクサイが、イチローに広告用写真を撮らせていました。

コクサイ・パイソンのABSモデルは1979年に発売。ターゲットタイプのフロント・サイトで、リアサイトもイライアスン・タイプだが、フレームと一体で、スクリューはダミーです。後から販売された8inは、リアサイトは別パーツとなっている。

後にABSの6inを同じ近所の模型店で購入したので、金属モデルの6in化の計画は流れてしまってます。

ちょっと飽きてしまった時に、金属2.5inとABS6inは共に友達にあげてしまってます。なんともまぁ、もったいないことを昔は平然とやっていたことか。

Custom_1

Custom_2

Gun誌1981年4月号にパイソン・カスタム新発売の広告が載ります。これはチラシのようだがパーツリストも載っていて、製品にも入っていたのでカスタムの説明書と言っていいのかな?

MGCも同時期にパイソン・カスタムを発売します。MGCのスラブバレルの方に惹かれて、親にも無理をいってみたのだが、コクサイの方が価格が安く、近所の模型店にも売っているということならばと、コクサイの6.5inカスタムを買ってもらうことになりました。今にして思えば、とんだ親不孝息子でホント申し訳ない。より贅沢を言えば、長くて重い8 3/8inが良かったのだが、6.5inしか置いてなかったので仕方が無い。

そんな思いして買って貰ったパイソン・カスタムですが、時が経つと、買った模型店に買い取ってもらうことになるという結末です。。。

Gun1986_8_2

Gun誌1986年8月号の広告より

S&Wリボルバーのアクションを完全再現したコクサイは、旧作では省略していたハンマー・ブロック・セフティも再現した、新規設計のパイソンを1986年に発売します。

私はこの年に東京タワー・ボウリング・センターで行なわれた、第6回ミリタリー・コンベンションに個人出店し、その売り上げで同会場にて、ニューパイソン6inを購入しております。しかし、この時に売りに出した物は今にして思えば勿体ないものばかりで、WAセキュリティーシックスやMGCワルサーP38アンクルカービン、GM2用のカスタムパーツと、何をやってるのですかね。この頃のおいらはcoldsweats01

Pythontrooper

在りし日のニューパイソンと、コクサイ金属トルーパー6in。トルーパーは当時、安売りされており、パイソンと並べるのも良かろうと思い購入したもの。トルーパーのトリガーとハンマーは、ABSモデルと同様の真っ黒い仕上げがどうも好きになれなかった。

コクサイ目黒ガンショップがまだあった1995年頃。パイソンカスタム8 3/8inの箱・カート・説明書なしの本体のみが¥5,000で売られており衝動買いをしたのだが、なにか欲しかった物を手にした喜びというのが無かったのですよ。箱とか揃っていて完全な状態だったら少しは違ったのかもしれませんが、この時はもう社会人ですから、モデルガンを買おうとすれば、すぐに買えるわけで、それで不完全な状態のを購入したとしても、昔の想いまで買えないものだと感じたわけです。

ニューパイソンは1995年にリバウンドレバーとボルトを新設計し、24金メッキ仕様で再販した。その頃、手持ちのが金メッキが薄くなってきたのだが、ステンレス・パイソンと脳内補填することが出来ず、メッキが落ちただけにしか見えないので、24金パイソンを購入しようということになります。その時に、初代ニューパイソンやトルーパー、パイソンカスタム、スズキ・ベレッタM92SB、ハドソンDE44等を高田馬場に売りにいくのですが、自分で最低これぐらいで買い取ってくれるだろうと思っていた金額の半分だったのには参りましたbearing 

Dsc04989

そんなふうに手に入れたのが、今回登場するコクサイ・ニューパイソン24kモデルです。私が購入したコクサイのパイソン、6丁目になりますcoldsweats01

Dsc05026

実銃のメカニズムを再現しているのであるが、亜鉛合金を使用したモデルガンだと、パーツの耐久性が低く、シリンダーが回らなくなるという症状が出始まる。コクサイは2003年にも、リバウンドレバーとボルトを改良して、表面をハンドメイド仕上げ1号24Kフルメッキにしたものを販売している。

Dsc04985

左側の黒いのが、2003年モデル以降のリバウドレバーとボルト。リバウンドレバーが肉厚になったため、木製ブリップを取り付ける場合、加工が必要となる。

Dsc05037

私が所有しているのも、やがてシリンダーが回らなくなって、そのうちモデルガン趣味から遠ざかった時期があり、しばらく放置。復帰後に何とかしようと思ったら、新しいリバウンドレバーとボルトが出てるというので買って組んでみたのだが、グリップを削らないと駄目だな~と思いながら、動くようになったと喜んだのもつかの間、すぐにシリンダーが回らなくなった。しょうがないので思い当たる所を削ってみました。シリンダー・ハンドとか。

Dsc05001

結果的には動くようなりましたが、シリンダーがオーバーランしているみたいで、カートのリムがボコボコになってしまってますcoldsweats01

ちなみにマルベリーのスーパーカートは、38splのブレット部を外せばシリンダーにはいるが、リムが厚いのでシリンダーが回らないです。

Dsc05030

コクサイはニューカートとニューシリンダーで、次々とリニューアルしていき、HWとシルバーメッキのパイソンを発売、コンバットパイソンもバリエーションに追加された。ニューカートの金属モデルはインサートに問題があったらしくて、パイソンが登場前にストップしてしまっている。タナカとの差別化の為にも金属モデルの生産は続けて欲しいです。

Dsc05032

木製グリップはコクサイ純正の物。初期の真鍮風メッキの時もコクサイ純正の木製グリップを付けていたが、ニスが厚く塗られており、木製グリップの感触ではなかったが、これは感触は悪くはないです。メダリオンの馬が太り気味でサイドプレートのと比べるとカッコ悪い。反対側のは向きが悪く、上を向いてしまっている。

パイソンのグリップはカタチは良いけど、握りやすいものではないですよね。

Dsc05043

ホルスターもコクサイ純正の物です。御徒町のレプリカで¥2000で安売りされていたのを購入。ビアンキのX15Lは持ってないが、X2000と比べるとかなりユルユルで、リブサイトのついたPPCカスタムも入れられます。

Dsc05024

かつての少年達が憧れたDAリボルバーといえば、M29とパイソン。今の子供達はDAリボルバーはおろか、テッポーにもそんなに興味ないのだろうな~

|

« MGC SIG-SAUER P220 | トップページ | MGC NEW POLICE PYTHON357 6in »

KOKUSAI」カテゴリの記事

コメント

先日PC356を当てて頂きましたhajimeです
私の国際パイソンも24金前の旧型で、同じようにカートの裏ボコボコになってしまいました(同じ症状を見てうれしくなり?コメ致しました)そこでNEWパーツ一式を組み込み再復活してもらいました ただしパックマイヤーグリップをつけているとネジをしっかり締めるとシリンダーハンド?がこすれてアクションがシブーくなります カートはボコボコのまま飾りと思ってます(何のために修理したのやら~)

投稿: hajime | 2008年9月27日 (土) 21時50分

>hajimeさん
PC356はお元気でしょうか?コメントありがとうございます。
カートの裏がボコボコの仲間がいて、私も嬉しいですw
24Kモデル付属の真鍮カートにすれば、少しはよかったかもしれませんが、見た目はアルミカートの方が良いので、入れていたらボコボコです。
Newパーツ入れると木グリは隙間が出来てしまいます。パックマイヤーはとりあえず付くのですね。ハンターを買ったら付けたいな~と思ってはいますが、いつになるやら。

投稿: GFC | 2008年9月27日 (土) 23時10分

こんばんは。

国際産業のカタログ懐かしいです。私も兄がいてモデルガンの先輩は兄でした。兄弟でカタログ眺めては次は何にしようか話したものです。

MGC派の私はコクサイはスルーしておりましたが、この24kパイソンは美しいですね~さらにパイソンハンターにパックマイヤーとスコープ付けたら最高ですね。

投稿: VanVeen | 2008年9月29日 (月) 23時43分

お久しぶりですSS32オートです。僕はリボルバーはコクサイ派!・・なのですが・・なぜかシルバーメッキの6インチプラを一丁持ってるだけです。GFCさんやみなさんの言われるシリンダー空回りやトリガーを引いてもシリンダーが回らないトラブルが頻発して敬遠してました・MGCのパイソンはいっぱい持ってるんですけどね~・・でも金属のパイソンはよさげですね~。作動させなければ雰囲気は楽しめそうですね。

投稿: SS32オート | 2008年9月30日 (火) 18時34分

>VanVeenさん
同じような少年期を過ごしてますねw
次は何を買おうかとカタログを眺めてるのも、楽しい時間でしたよね。今は昔のカタログ眺めても、これを買い逃してしまった…という思いばっかりですw
サンプロジェクトでハンターを出しましたが、あのスコープ付きでアルミケースをも完全再現してくれたら、少々高くても買うのですがね~
パイソン嫌いでなければ、コクサイも手にとって下さい。

投稿: GFC | 2008年9月30日 (火) 23時02分

>SS32オートさん
シルバーの6inがあるだけでも充分ですが、MGCをいっぱい持っているとは!
SS32オートさんのコレクションの全貌に興味がありますw
S&Wは素晴しいアクションなのに、パイソンは…というのは残念なのですが、最近のは改良されているのかな?金属パイソンもまた別の雰囲気を楽しめると思います。

投稿: GFC | 2008年9月30日 (火) 23時11分

皆さん、お兄さんの洗礼を受けられているんですね。私はあくまで雑誌が教科書でしたから、何だか羨ましいです。

Gun誌1981年3月号の広告はイチローさんの仕事だったのですか。先日、偶然実家で同号を目にしたのですけど、表紙3のMGC ニューローマンの広告も中々に渋いですよね。あの頃は外人さんをモデルにするのが流行ってたとか?

コクサイのパイソンは、初代プラパイ8吋を持ってました。シリンダーを開閉する度にラッチが削れてガビガビになったので売却しちゃいましたけど…。私もパイソンはMGC派ですが、やはり金属ハンターにはそそられます、はい。

投稿: 荒鬼 | 2008年10月 1日 (水) 00時59分

>荒鬼さん
外人さんが持てばモデルガンも本物っぽく見えますからね。今は広告写真もあまりお金かけてないのが残念ですね。
コクサイの初代プラパイのラッチは確かに、キズだらけになった覚えがあります。
パイソンはMGC派という人の方が多いみたいで、コクサイはやっぱり、アクションに問題があるからなんでしょうか。

投稿: GFC | 2008年10月 1日 (水) 22時43分

SS32オートです。たしかに実銃は拳銃のロールスロイスとか言われて素晴らしいみたいですけどモデルガンの世界でなかなか・・やはりあのメカニズムはリアルに再現するほどモデルガンには重荷なのでしょうね(-_☆)。話しは変わりますが僕はパイソンと言えば・・ダーティーハリーよりもTVシリーズのスタスキー&ハッチの印象が強いですね・MGCM-59と二丁持ってスタハチごっこよくやりましたよ~(^-^)/・・年齢がわかりますね・・

投稿: SS32オート | 2008年10月 2日 (木) 11時12分

当時、非常に興奮しつつ購入しました私の24Kパイソン。
ご多分に漏れずハンマーとシリンダーが動かなくなりました(悲
今もそのまま放置してあります。
当時、動かなくなったので分解を試みましたが、それはもうエライめにあいまして・・・それ以来、パイソンはメーカー問わず分解出来ませんw
でも本記事を拝見して、もう一度サイドプレートを開けてみようかなあという気持ちになってきました。
あの出来の良さですもの、勿体ないですしねw

ところで、過日、国際の古い世代の金属パイソン8インチを入手しました。
実に良いコンディションの個体で、それはもぉ感動的に確実な操作感です。
(経年劣化が怖いのですが)
いずれ当方で御披露目致します。

投稿: だいじそ | 2008年10月 2日 (木) 22時35分

>SS32オートさん
コクサイのニューパイソンも発売当初は「モデルガンのロールスロイス」と広告してましたよ。
同じメカのHFのDTも同じ症状が出てきますし、タナカのペガサス物はどうなのか気になります。
ダーティーハリーもスタハチも年代的には、あまり変わりませんよw
私もパイソンといえば、シティーハンターと言えるほど若くないですw

投稿: GFC | 2008年10月 2日 (木) 23時17分

>だいじそさん
コクサイパイソンは出来が良いのに、動かなくなるというので、また別の意味で勿体無いですよね。
旧金属パイソン8in入手ですか。毎度ながら涎物の一品を見つけるのが凄いですね。
旧国際パイソンは動かなくなること、なかった覚えがありますので、安心して動かせると思いますが。いかんせん古い物なので、安心はできませんね。

投稿: GFC | 2008年10月 2日 (木) 23時30分

思い出したのですが中学生ぐらいの頃にマルゴー?!のパイソンだったかダイアモンドバックだったかを学校の近くの模型屋で半額で確か二千五百ぐらいで買いましたよ紙火薬でバンバン撃って作動はすこぶる良好でした(^-^)/でもMGCやコクサイのパイソンを持ってる友達がうらやましくて結局最後はCMCのスタームルガーと二丁で五千円くらいで友達に売却しました・・・今思えば・・ね・・だいじそさんコクサイパイソンの旧型を手に入れたそうで!いいですね~(^O^)/自分が中学生や高校生の頃にホントに欲しがったモデルはいまでも憧れですね。

投稿: SS32オート | 2008年10月 4日 (土) 02時21分

>SS32オートさん
今ではマルゴーのパイソンの方が、貴重か知れませんね。CMCのスタームルガーも今じゃプレミア物ですし。未来のことなんてわからないないので、そういうことは皆、やってるのですね。

>自分が中学生や高校生の頃にホントに欲しがったモデルはいまでも憧れですね。
これは、まったく同意見ですね。あの頃の自分に小遣い上げたいですよ。でも憧れのモデルガン買っても、売っちゃたりするのだろうな昔の自分はw

投稿: GFC | 2008年10月 4日 (土) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220180/42568442

この記事へのトラックバック一覧です: KOKUSAI NEW COLT PYTHON .357MAGNUM 6in:

« MGC SIG-SAUER P220 | トップページ | MGC NEW POLICE PYTHON357 6in »