« MGC COLT'S GOLD CUP NATIONAL MATCH | トップページ | お知らせ »

2008年2月17日 (日)

MGC GOVERNMENT-45 AUTOMATIC MODELGUN/NATONAL MATCH COMBAT SEMI-CUSTOM

Dsc03108

(前回より続きます。)

3年前にアンクルへ行った時、画像のGM2カスタムを見つけた。外装パーツはみな、シルバーのカスタムパーツ。これらをシルバーフレームに付ければ、憧れのGM4のコンバットカスタムに近づくのではないかと思ったのです。

Dsc03096

痛んではいるが箱・説明書・オープンデトネータカート6発付。おまけに小傷多数付きで、¥11,500也。アンクルにしてはお買い得品ではないかと思い、購入しました。

帰宅してから、これでGM4カスタムにしようと思ったのだが、GM2のスライドやフレームが残るのも勿体無いないと思い。そういえば他に、こんなの↓が¥5,000であったな~と、思い返したのでした。

Dsc03099

↑こんなのですw 結局、次の日のアンクルに行き、購入しましたw

GM2のフレームに、GM4のスライドが乗っております。

Dsc03102

トリガーガードは、角型にしてあり、トリガーに穴あけ加工。ロングスライドストップと木グリ付。ハウジングはGM4のが付いてました。

最初に買ったGM4のキットは、元に戻して、これのスライドを使ってカスタムを組んで、さらにオリジナルのGM2を組もうと思ったのです。

Dsc03111

↑結局、この3丁が

Dsc03120

↑こうなりました。この時にGM4のキットのスライドを磨いたり、パーツをブルーイングして復活させたのです。

Dsc03194

何かついにというか、やっとGM2を手に入れたというのが、組み替えてからの感想です。年齢的に、GM2が現役の時に持っていてもおかしくはなかったのですがね。昔は国際党でしたから。

Dsc03169

当時、GM2のパーツがまだ、NewMGCにあることを思い出し、結局、亜鉛パーツ類は全部新調してしまいました。

Dsc03121

Dsc03160

スライドには長くて、少し深い傷があったので、それを消す為に磨いたら、刻印がかなり薄くなってしまった。ついでに、ヒケも消そうとしたら刻印が無くなりそうなので、ギリギリのところで妥協しました。

Dsc03161

今ではアジャスタブル・リアサイトのついていない、ノーマルのガバメントも大好きであります。手にするまで、GM2がこんなに良いものとは思いませんでした。現役の時に買っておいても良かったと、しかし、当時の自分だったら満足しなかったかもしれません。

Dsc03202

そして、当初の予定の通りに組んだGM4カスタムです。正しくはカスタムもどきですが、、、カスタムらしくDOSKOCILのケースに入れても、何か違う感じがします。

Dsc03132

スライドがノーマルのままなのでカスタムもどきと感じてしまうかもしれません。オリジナルのGM4と差別化する為、こっちは艶消しのままですが、そのうち磨くかも。

Dsc03144

GM4のフレームにGM2のトリガーなので、隙間が出来てしまってます。メッキされていないGM4のトリガーより、トリガーシュー付のほうがカスタムっぽいので、ここは我慢してます。

Fe17002

VISIERE・MGC20周年記念号の広告より

やはりNATIONAL MATICH COMBAT CUSTOMは永遠の憧れに終わりそうです。スライドを切り詰めて、シュートスライドスキッパーにしようかなとも思っているのですが、パーツも無ので、なかなか自分で切る勇気はないです。どこかのショップに頼むという手もありますが、今のGM4のスライドセレーションの所にも傷があるので、そういったものをカスタムするのもね~と、思ってしまうのですよ。

Dsc03181

GM2&4のグリップは、実銃用のより短いので、取り付けが出来ない。

カスタムについているのは、WAの真鍮板入りの物。重くていいのだが、薄い茶色というが、紫というか微妙な色なのがなんとも、、、

GM2のは、購入当時は¥1,000也、削りっぱなしで、何も塗っていなく白かった。色んなオイル類を塗りたくって、今の色になりました。

今、GM4に付いているのを、カスタムに付けた方が、広告の物に近くなるが、ロングスライドストップの加工がしていないので。高級感があり、気にいっております。

Dsc03136

左から45ACPダミーカート、2,3番目がオープンデトネーター、4,5番目がCPカート(撃ち殻キャップ使用)、5,6番目がCP-HWカート(Oリングゴム使用)です。

GM4のキットは一度、CPカートで発火させたが、その時にスライドが脱線した状態になった。幸いにも割れたりしなかったのだが、怖くなってその時にしか発火していない。GM2&4にはCPカートだとパワーがありすぎる気がする。オープンデトネーターカートがあるので、これで試してみたい気もするけど、気兼ねなく発火できそうなGM7を待ったほうが良さそうです。

Dsc03152

GM2&4より出来の良いGM5以降のモデルや、マルシン(鈴木)等、その他色々、各社モデルアップしたものがあるが、GM2&4は、実銃をリアルに再現したモデルガンという点では他には敵わないが、玩具としてのモデルガン、という点では最高であると思う。

まぁ、どこのガバメントでも、その時に手にしているものが最高のガバメントだと、思っているのですがね。

|

« MGC COLT'S GOLD CUP NATIONAL MATCH | トップページ | お知らせ »

MGC/TAITO/SNM」カテゴリの記事

コメント

ほんとGMは奥深いですね~45口径に始まり45口径に終わる歴史ですね~。ただまあMGCのGMはシリーズが多くていろんなフォーマットが混在してるので保存しているパーツがどれがどれやら・・頭を悩ましますね・・

投稿: SS32オート | 2008年2月18日 (月) 03時19分

実に素晴らしい記事です。
一枚目の画像でぎょっとしましたが、3丁が組み替えられた画像で思わず拍手をしました!w

シルバーのセィフティーの素晴らしい表面仕上げが、往年のMGCを思い起こさせますね。
ツルピカのABSの美しさは、やはりGM2に終止符を打ちたいと思うほど感動的です。

私はGM2のオープンカートを撃ちまくったので、思い出がたくさんありますw
CPよりもマイルドな反動でしたが、却って私の好みな撃ち味でした。

>GM2&4は、実銃をリアルに再現したモデルガンという点では他には敵わないが、玩具としてのモデルガン、という点では最高であると思う。

特にここに、まったく同感致します!

3丁ともとても素晴らしいモノだと思います。
いつまでも大切になさっていただくことを祈って止みません。

投稿: だいじそ | 2008年2月18日 (月) 19時42分

コメントの返答が遅くなり、申し訳ございまん。

>SS32オートさん
「45口径に始まり45口径に終わる」
この言葉はSAAが先なのでしょうかね?
もちろんGMにも当てはまることですが、ここに来て、CAWとかタニコバとかで、これで、モデルガンGMの歴史が終わりでなく、新しい始まりとなって欲しいものです。

MGCのGMは大きく分けてGM2系とGM5系。まさかGM3とかお持ちですか?
どれがどれだか、わからなくなるほど、予備パーツをお持ちとは!GMはパーツが豊富なので、色々、着せ替えが出来るもの楽しみですが、凄いですね。

>だいじさん
お褒めの言葉、ありがとうございます。
一枚目の画像でぎょっとしましたかw
3年ぶりに購入時の姿に、戻したのですが、これはこれで悪くないかなと少し思っちゃいましたw

>ツルピカのABSの美しさは、やはりGM2に終止符を打ちたいと思うほど感動的です。

ホントそう思います。ミリガバなのだから、艶消しが正しいのかも知れませんが、このピカリ具合は下手なブリーイング以上の美しさです。多少の傷は磨けば何とかなるのがABSの良さでもあります。

>CPよりもマイルドな反動でしたが、却って私の好みな撃ち味でした。

そう聞くと発火させたくなりますw
大変丈夫と聞くGM2、まだまだ発火できるかな?でも、やっぱりね~、もしもの場合が怖いです。

同感してくださって感謝です。もちろん大切にしていきますよ。

投稿: GFC | 2008年2月20日 (水) 00時16分

しかし、当時から高値の花だったな~
いいもの拝ませていただきました。
感謝!

投稿: MARU | 2008年2月20日 (水) 19時39分

>MARUさん
社会人になった今でも、3万以上のモノは、そうそう手が出せませんよ。
それが20年以上の前のことですからね~

>いいもの拝ませていただきました。
感謝!

とても光栄でございます。これからも、そう言われるようなのが、出せればいいのですが

投稿: GFC | 2008年2月20日 (水) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220180/40158388

この記事へのトラックバック一覧です: MGC GOVERNMENT-45 AUTOMATIC MODELGUN/NATONAL MATCH COMBAT SEMI-CUSTOM:

« MGC COLT'S GOLD CUP NATIONAL MATCH | トップページ | お知らせ »