« CMC MAUSER KARABINER 98k SPORTER | トップページ | Marushin ENFIELD No.2 MkⅠ »

2008年1月14日 (月)

Marushin M1910/COLT .25AUTO

Dsc02593 

Dsc02594

今回はエクセレントヘビーウェイト、ダミーカートリッジ仕様で、久しぶりに再販されたマルシンのM1910とコルト25オートを2丁まとめて紹介します。

Dsc02600

Dsc02602

昨年12月に再販するとの情報を聞き、マルゴーのブログをチェックしてると、14日に入荷したので16日に買いに行ったら、M1910は在庫があったが、25オートは既に売り切れていた。

マルゴーのおじさんが、言っていた「みんな、モデルガンを待っていたんだよ」という台詞が印象的でした。

フロンティアへハシゴしたら、25オートのみ残っていて、無事に購入できました。

発売から一ヶ月、大方の店頭でも通販でも在庫は無いではなかろうか。今回、何丁製造したのかわからないが、もう少し造っておいても良かったかも、マルシンにとっては、嬉しい誤算であったろう。

「かなり灰色っぽいな~」というのが、中身の第一印象。これは塗るかブルーイングしなくては駄目かなと思っていたが、マルシンスレで、金属みがきでこすれば黒光りするとあったので、やってみたら少しは黒っぽくなりました。これはこれで良いような、やっぱり不満が残るようなといった感じです。

Dsc02603

Dsc02604

Dsc02606

木製グリップを付ければ、また印象が変わって、より古めかしい感じがしてきます。木グリの再販は無いだろうと思い。25オートのは発売前に明和模型に在庫してあったものを確保しておいた。そしたら、M1910のも一緒に再販されてビックリ。だが店頭で見かけないのでLAガンショップで通販で購入。アマニ油を塗ってあります。25オートはあまり変化ないが、M1910のは色に深みが増します。

Dsc02650

Dsc02656_2

Dsc02595

マルゴーに25オートが無かったショックで、何丁か見せてもらわずに購入したら、刻印が薄く、パーティングラインの仕上げも良いものではなかったのが失敗。

Dsc02597_2

「SPG」でなく、マルシン中心になって発足した新団体「STGA」になっている。これでトイガン製造メーカーの団体が3つになってしまった。本当は1つにまとまった方が良いとは思うのが、メーカー間で色々あるのだろう。

Dsc02635

ストライカーとシアーの関係がわかると思う。

Dsc02631

Gun誌1982年1月号の「本物VSモデルガン」の記事で比較すると、発売当時、競作となったコクサイM1910より、内部パーツの再現度は高い。

せっかく分解したのだから、このまま仕上げ直しをしたいところだが、そのうちということで、そのまま組んでしまった。グリップセフティの組み込みが少し面倒だった。

Dsc02640

Dsc02642

25オートは中学の時に、インサイド・ホルスター付のキット(ホルスターも、自分で縫う)を組んだことがある。組んですぐに友達に売ってしまったような記憶が、、、

M1910にもインサイド・ホルスター付キットが、ありましたね。

Dsc02596_2

Dsc02598

Dsc02627

ディスコネクターを兼ねたトリガー・バーとシアの関係。完全分解より、こっちの方がメカニズムが判りやすそうだが、、、

Dsc02625_2

とりあえず、バラしてみた。せっかくの分解写真だが、M1910共々、ピンボケ気味で申し訳ない。Gun誌1982年6月号ジュニア・コルトの記事と見比べると、エキストラクターを兼ねたファイヤリング・ブロック以外は、リアルに再現されている。マガジン・セフティ(画像は向きが間違っています)はマガジンで押さえて、ピンを組み込みと楽です。

Dsc02671

御存知の方も多いと思うが、M1910と25オートは3月にシルバーモデルで再販される。EX-HWより、綺麗なシルバーのほうが良かったかな~とも思ってしまうのですが。

マルシンはM16のパーカラジング、MP40(HW)やM712カービンと、今後、意欲的にモデルガンを販売していく。そろそろ完全新作のニュースが欲しいところなんだが、P210のモデルガンの噂はどうなっていまったのだろう?

|

« CMC MAUSER KARABINER 98k SPORTER | トップページ | Marushin ENFIELD No.2 MkⅠ »

Marushin/SUZUKI」カテゴリの記事

コメント

エクセレントHWということでちょっと気になっていた2丁だった(形状が私の好みではないので購入はしませんでしたが)のですが、この表面仕上げはGFCさん的に満足とはいかなかったのでしょうか。
エンフィールドのエクセレントHWなんかは、金属的な感じがしてかなり好きなのですけれど。

投稿: Takeshi | 2008年1月14日 (月) 22時54分

はじめまして。Jumoと申します。
モデルガンの記事を楽しく読ませていただいています。

マルシンの今後のモデルガン販売には私も大いに期待しています。
再販も良いのですが、マルシンには新製品をぜひお願いしたいですねぇ。

投稿: Jumo | 2008年1月14日 (月) 22時56分

>Takeshiさん
エンフィールドだと、EX-HWの色合いも良いと思うのですが、特にM1910はイチローの実銃の綺麗な写真を見たり、昔、コクサイのメタルフニュッシュが欲しかったりしたので、イメージが違ってしまうのですよ。

>Jumoさん
「はじめまして」というより、だいじそさんの所でよくお見かけしますがw
ブログも拝見させてもらっております。コメントせずにすみません。そして、コメント頂きありがとうございます。

マルシンはS&Wモデル2以降、新作らしいのは発売してないのでは?いったい何年前だよという状態ですが、再販物がこの調子で、売れていけば新作販売につながるのかもしれませんねぇ。

投稿: GFC | 2008年1月15日 (火) 23時33分

こんばんわぁw
キューピットだいじそですぅw

ところでシルバーモデルが出るんですかー!
それはかなりうれしいです(25オート買い逃してました)。

皆様のおっしゃる通り、この勢いで再販が続いてほしいですねえ♪
できればすべてダミーカートでイっていただきたいです。
でも、今回のM1910のようなフレイム後端の補強(?)後加工はなしにしていただきたいものですw
(金型も傷んでいるでしょうから仕方ないかなあ)
HWシリーズも仕上げの微妙な違いがありますが、やはりEX-HWがよろしいかと思います。
あとは、木目のある木グリが欲しぃ・・・・マルシンにはちょと無理かしらw
嗚呼、つい贅沢心がw
とにかく「今後も検討よろしくね!マルシン!!」なのです。

投稿: だいじそ | 2008年1月16日 (水) 02時58分

>だいじそさん
だいじそさんが買い逃すほど、早々と売り切ったというのも、今回の再販が人気あったというのがわかりますね~
シルバーもこの調子で売れるのか、それとも、、、

>フレイム後端の補強(?)後加工
Gun誌1982年9月号のモデルガンダイジェストを見ると、マルシンのは昔から、サブ・フレームが外から見えるようになってます。コクサイのと勘違いされているかと思います。

私としては、EX-HWよりツルピカのABSが良ろしいかと思ってますが、もうツルピカABSでは出さないでしょうね~

木目ある木グリもそうですが、山のあるチェカリングしてくれ、とも言いたいです。溝が彫ってあるようなだけじゃ、スムースにしてくれと。

まぁ、とにかくマルシンには頑張ってもらいたいものです。

投稿: GFC | 2008年1月16日 (水) 23時08分

どうもです!
恥ずかしながら今迄MKKのM1910&25AUTOを
購入した事がありません(汗
GFCさんのBlogを見て欲しくなりましたよ。
各社モデルガンの新作有るようです。
SPの銃とか・・・

投稿: K主任 | 2008年1月17日 (木) 21時02分

>K主任さん
どうも、いらっしゃいませ!
まぁ私も持っていなかったから購入した訳で、恥ずかしながら持っていない銃というは、やっぱりありますね。

SPの銃って、あれですかね?
新作モデルガンということで、無条件に欲しくなってしまいますw
新日本模型MGCが解散後に、各社からモデルガンの新作が出てくるというのも、なんか悲しいような気がします。

投稿: GFC | 2008年1月17日 (木) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220180/17681121

この記事へのトラックバック一覧です: Marushin M1910/COLT .25AUTO:

« CMC MAUSER KARABINER 98k SPORTER | トップページ | Marushin ENFIELD No.2 MkⅠ »