« MGC MODEL 659 | トップページ | JOHN V.MARTAZ CUSTOM »

2007年12月24日 (月)

KANAMARU CHARTER ARAMS .44 BULLDOG

Dsc02443_2

チャーターアームズ ブルドック44spl.は、Gun誌1981年10月号のJack氏による「サタディ・ナイト・スペシャル」特集で紹介。75~76年にニューヨークで起きた「サムの息子(Son of Sam)」事件に使用されたことで有名になった悪名高き銃である。

44スペシャルが撃てる限界に、軽量化されておりバレル、シルンダーの肉厚はなく、頼りない感じもするが、44という大口径の為、ゴツイ印象をも持つ不思議なGunである。まさに厳つい顔ながらも可愛い、小犬のブルドックの様ではなかろうか。

本来の名称の由来は、19世紀の英国のBritish Bulldogtという小型リボルバーに因んで付けられた。

Dsc02425

まさかこのような銃が発売されるとも思わなかったが、カナマルからはブルドッグの他、ターゲットブルドッグ、アンダーカバー、トラッカー4インチ、トラッカー6インチとバリエーション展開をしていった。その頃は少しは気になりましたけど、手を出そうとは思いませんでした。

Gun誌2005年3月号 Toshiの「アンダーカバー」の記事を読んでから、また少し気になりだしネットで定価でまだ販売しているところを見つけるが¥5,800も出してまで欲しいとは思わなかった。しばらくして、赤羽のフロンティアで特価¥1,000で販売してたのを購入しました。

Dsc02436

カート式ではない、カセットマガジンによる独特のメカニズム。最近、(有)KTWのHPを見て、これの試作設計が六研ということを知りビックリしました。タナカのペガサスシステムの元祖がここにあるわけですよ。カート式ではないので、無駄なガス漏れがなさそうなので、実射性能は良いかと思っていたが、実に頼りなくヘロヘロ~とBB弾は飛んでいく。カセットマガジンが最初から3個付いているのは親切。

Dsc02428

左側面はそこそこ格好良いが、、、

Dsc02427

右側面は実に安っぽく、駄菓子屋の8連発銃のような印象である

Dsc02429

ダミーであるがアジャスタブル・リアサイトが付いている今までGun誌1985年7月号、2002年9月号にも紹介されているが固定のものであり、実銃でこのタイプがあるかは不明。

Dsc02430

木製グルップがあればつけたいところであるが、太めのグリップはなかなか握りやすい。実銃もこのグリップが付いてないと撃てる物ではなかったろうとある。現在でもチャーターアームズではブルドックを生産しているがグリップはラバー製である。

Dsc02440

特徴的なフロントサイト。現在のブルドックのバレルは、エジェクターシュラウドが付いて、ちょっと今風になっているが、ポリス・ブルドック(38spl+P)は、このデザインを受け継いでいる。

Dsc02431

トリガーガードからグリップ内のタンクまで金属製なので、見た目より少しだけ重量感があります。

Dsc02435

チャーターアームズといえば、他にはAR-7ということで2ショットです。

KTWのHPを見て、もう一つ驚いたことにはジョン・レノンを殺害したマーク・チャップマンはこの銃を使用したらしい。サタディ・ナイト・スペシャルのカテゴリーから抜けられない銃である。

全米ライフル協会のスローガンに「Gun don't Kill people, peoole kill peple(銃が人を殺すのではなく、人が人を殺すのだ」というのがある。

銃自体に意思はない。それを使う人によって悪にもなるということである。確かに人を殺すには金属バットや包丁でも、素手でも可能である。だが銃で撃たれ亡くなっていた方の遺族は当然、犯人も憎いであろうが、「銃が憎い」と言うのも判る。銃は射撃用、狩猟用もあるが兵器として生まれ、兵器として使われている数も多い。つまり人殺しの為に存在しており、包丁のように美味しい食事の為に生活に必要な物ではない。

しかも銃はトリガーに数キロの力を加えるだけで、離れた相手を殺傷することが出来る。暴発であるが、幼い子供が誤って弟を撃ってしまった事故もあった。

しかし私のようなガンファンは、そうような危険なパワーも持つ銃というものに、工業製品としての美しさを見出しているのである。

それを「美しい」とか「格好が良い」とか感じるのには、生活環境によって生まれてくるものなので、何故、「銃」が美しいと感じるかを説明するのは難しいが、私の場合、それは最初はヒーローへの憧れから始まってる。

悪者が銃で倒されていく、映画やTVを観るのは大好きだが、銃を使った犯罪、事故のニュースを見るのはとても辛い。実際に命を落としているのは罪のない人達ばかりであるから。

佐世保の猟銃乱射事件後、福田総理は銃規制の強化に努めると言った。実銃所持者はさらなる安全管理に努めていってもらいたいし。精神異常者には実銃を所持出来ないようにしてもらいたい。しかしこれから真面目に射撃競技や狩猟を始める人達には、さらに所持が困難になっていくだろうと思う。

私自身は、銃口より手前の世界が好きなので、今のところ、実銃を所持する予定はありません。もっとも今よりお金や時間の余裕が沢山できれば別ですが、そんな予定は残念ながらありません。

このカナマル・ブルドックのようなお世辞にも美しいとは言いづらいトイガンを何故、購入するかと言われれば、今回は安かったからいうのもありますが、Toshiの記事にあるM29やパイソンが恥ずかしいという気持ちがあるというわけではないのですが、コレクションが増えていくと、少し手色が違う物にも興味が湧いてくるというもので、基本的に「鉄砲」の形をしたものは大体好きですからと答えるしかない。

最近の銃を使った犯罪の増加で、私なりの意見を書きたかったのであるが、ここを読んでいる人は殆どが銃好きの方たちなのであまり意味のなかったことかも知れない。それに考えがまとまらず、文章も下手なので申し訳ないです。

|

« MGC MODEL 659 | トップページ | JOHN V.MARTAZ CUSTOM »

AIR SOFT GUN」カテゴリの記事

コメント

44口径はノズルが短くてもかっこいいですね。で、けっこうイワク付きの拳銃ですな。
最近の銃による事件もそうなのですが、こういう事によってコレクターや、映画ファンが規制によって肩身の狭い思いをするのはホントに腹が立ちますね。

投稿: max | 2007年12月24日 (月) 22時54分

先日のスポーツクラブの事件では、犯人が銃器に特別な愛着を持つ男だったのではないかという報道がされ、なんとなく遠い世界の話ではないような気もしました。犯人が購入したという散弾銃がベレッタ製の装飾の入った綺麗な銃だったのも、痛いというか悲しいというか…。

素人考えですが、こういった銃は警察なりなんなり公的な機関に預けるかたちにして、正当な理由のある時にしか持ち出せないようにしたほうが良いのではないかなどと思ったりします。

投稿: Takeshi | 2007年12月25日 (火) 21時19分

>maxさん
ノズルではなくバレル(銃身)ですね。
モデルガンは昭和46年と52年に、エアーソフトガンは今年2月に規制されております。ガンファンは常に肩身の狭い思いをしておりますが、何のコレクターや映画ファンというのがわかりません。

>Takeshiさん
私も、銃器に特別な愛着を持つ男ですが、同じ世界の人間だとは思いたくないですね。
ベレッタの高級銃でも、ブルドックのような安物銃でも、撃たれて亡くなった方々の命の価値は計り知れないものです。
現在の銃所持免許取得者が何名いて、合法銃が何丁あるかわかりませんが、全てをどこかに預けるというのは、予算や場所を考えると。ちょっと無理ではないかと思います。ですから銃所持者は責任のある行動を取ってもらいたいです。


投稿: GFC | 2007年12月25日 (火) 23時56分

車も銃もナイフも、その使用する人に
よって便利な道具にもなるし
凶器にもなりますから怖いですね。

私は、落ち着きの無い性格なので
実銃は危ないだろうな。
エア-ソフトガンで何回も暴発してるし。

投稿: MARU | 2007年12月29日 (土) 06時14分

>MARUさん
そうですね。使用する人に問題があるのですが、最近は問題を起す人が多くて嫌ですね。
私は、安全なトイガンに慣れてしまっているので、仮に実銃を所持した時に、トイガン同様に気楽に扱ってしまいそうで危なさそうです。

投稿: GFC | 2007年12月29日 (土) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220180/17464992

この記事へのトラックバック一覧です: KANAMARU CHARTER ARAMS .44 BULLDOG:

« MGC MODEL 659 | トップページ | JOHN V.MARTAZ CUSTOM »