« 江戸幕府鉄砲組百人隊出陣の儀 | トップページ | HF COLT DETECTIVE SPECIAL »

2007年9月29日 (土)

MGC COLT LAWMAN MKⅢ HW CLASSIC MODEL

Dsc01534

週一更新で2回それると、モデルガンを取り扱うの久しぶりな感じですね。やっと、MGC製品の出番です。コルトも初ですね。
今現在、所有しているモデルガンはMGC系製品(TAITO・新日本模型含む)が一番多いですが、昔はあんまり好きなメーカーじゃなかったです。M29の時に書いてますが、コクサイのカタログがモデルガンの教科書でしたし、Gun誌を購読するようになっても、当時、コクサイの広告量が多かったので、コクサイこそNo.1モデルガンメーカーだと思ってましたよ。たまに少年ジャンプなどにMGCのズラリと並んだ広告を見ていましたが、プラ(ABS)製品が多かったからか、あまりときめかなかったですね。

Dsc01566

そう言いながらも、今回取り上げる同モデルのABSのを、コクサイのブラックホークの次あたりに買っていたりします、約27~8年前のことです。理由はGun誌の愛読者の広場に、派手なマズルフラッシュを出している写真(たぶんマグネシウム使用)を見て、プラのスナズノーズも面白そうだと思っていたところ、近所の模型屋で安くしてくれたので。それで買ってみたところ、紙火薬使用ではうまく発火もしてくれなく(MG-CAP売ってなかった)、バレルが直ぐにもぎれたので良い印象は無かったですね。パーツ交換する気もなく、そのまま処分してしまいました。

Dsc01579

「太陽にほえろ」等、刑事ドラマで大活躍していたので、日本の警察はローマンを使っているものだと信じていたころもありました。当時はお子様だったので、それでローマンの様な地味な銃には愛着が湧かなかったですが、ちょっと大人になって、飾り気のない無骨なローマンも良いなと思い今回のHW(ヘビーウェイト)モデルを再購入しました。「あぶない刑事」で大下刑事(柴田恭兵)が使用していたというのも大きな理由ですが(笑)

Dsc01695

MGCのローマンのメカニズムは、実銃とパーツ形状は違うにしろ、各部の働きは同じである。モデルガンという限られた材質のなかで、おもちゃとしての耐久性を出せるように設計されているのは流石MGCである。ダブルアクションの時のハンマーのストローク角度は素晴らしいです。

スクェアーバットもラウンドバットも共通できるようになっているMGC Mk-Ⅲシリーズのフレーム形状は、昔は(今もかな)好きじゃないですね。コスト削減の為なんだろうけど、、、漫画「シティハンター」に出てきたローマンは、そっくりこのまま描かれてましたよ。

Dsc01572

MGCローマンは新日本模型でも再販され、現在でも流通在庫が残ってるので、あまり古い印象というがないですね(新しい感じもないすけど)。ピカピカのABSモデルなら、すこしアンティーク感もあるのですが。長年に渡り販売されてきた定番商品。モデルガンのスタンダートともいえる物ですが、金型はどうなったのでしょうね?一部どこに何々がという噂がありますが、ローマンは聞かないですね。刑事ドラマも少なくなり、最近は銃もニューナンブのプロップを使用してたりします。同様にMGCローマンも、このまま姿を消してしまうのでしょうか。

Dsc01576

|

« 江戸幕府鉄砲組百人隊出陣の儀 | トップページ | HF COLT DETECTIVE SPECIAL »

MGC/TAITO/SNM」カテゴリの記事

コメント

刑事ドラマでの拳銃はこれだったんですね。確かに大人になるとこういう手に収まるくらいの拳銃も欲しくなります。それにしてもほんとにGFCさんのメンテナンスの凄さには感心してしまいます!自分もダイキャストの物は白手袋必須なんですがGFCさんはどうやっていじくりたおしますか?

PS,リンク貼っていただいてありがとうございます!自分も何とかリンク貼る様少しやってみます。しばしお待ちを!

投稿: max | 2007年9月30日 (日) 00時43分

確かに派手な銃よりこういう無駄の無いシンプルなデザインって、いいなぁと感じるようになってきました。
刑事ドラマだと色々な銃が出てくる感じですが、本当の日本の刑事はどういう銃を使っているのかって全く知らないですね。ドラマみたいに好きな銃を持っているのかな?

投稿: ゆるり徒思太郎 | 2007年9月30日 (日) 18時48分

>maxさん
発火した物のメンテナンスはしっかりやってますけど、未発火の物はたまに油をくれてやっているだけですが。白手袋したほうがよさそうな物もあるますが、素手で触ってから拭いてます。ホントにあまり触ってはいけないのもあるから困ったものだ。

>ゆるり徒思太郎さん
日本の警察は、ドラマみたいには好きな銃を持って良いのではなく、現在はニューナンブM60からS&W M37へ移行中、他にSIG P230JP、S&W M3913です。

投稿: GFC | 2007年9月30日 (日) 23時41分

あ、思い出した!
以前の職場の先輩が元警官でして
当時預けられた銃がガバだったと
話をしていましたね。
なぜかホルスタ-が合わず苦労したとも
う~ん、どこまで本当の話なんだろ?

ロ-マンの木グリ探さないと。

投稿: MARU | 2007年10月 1日 (月) 06時01分

>MARUさん
戦後はガバメントも使っていたと聞きますが、いつぐらいまで使ってたのでしょうかね。ホルスターが合わないという話も、どういうことなのだが謎ですね。
木グリはマルベリーフィールドでも出したたのですが、あんまり見ませんね~。見つかると良いのですね。

投稿: GFC | 2007年10月 1日 (月) 22時40分

前から気になってるんですが、写真に出てくる弾丸がモデルガンにある火薬用の穴がないんですが、、、これはコレクター用にある物なんですか?

投稿: max | 2007年10月 2日 (火) 21時28分

>maxさん
ここで使っているのはダミーカートリッジといって、実銃用のカートリッジから、パウダー(装薬)とプライマー(雷管)を除いた物です。
M29、BH、CS45の時に使っているのは、モデルガン用のダミーカットリッジで、プライマー部分にスプリングが入っています。
火薬を使用しない、ダミーカートリッジ専用のモデルガンもあります。

投稿: GFC | 2007年10月 2日 (火) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220180/16600544

この記事へのトラックバック一覧です: MGC COLT LAWMAN MKⅢ HW CLASSIC MODEL:

« 江戸幕府鉄砲組百人隊出陣の儀 | トップページ | HF COLT DETECTIVE SPECIAL »