トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月29日 (水)

今日の届き物

Dsc01435

コメントをいただいているmaxさんから、国際の旧M29 6.5inを頂きました。ありがとうございます。汚いとは言っていて写真も見たけど、現物見るとホンマ汚いです(笑)タダで貰って文句言うなて、すみません。こりゃ、リフレッシュするの大変そうだわ。綺麗になったら、後ほど、再登場させます。

Dsc01438

Gun DVD「コルトM1911系のすべて」も届きました。先着200名のDVDケースは後日、配送だそうです。また観ていません。というか、雑誌付録のDVDも全部、観てなかったりするのですが。。。まぁ、DVDはいつでも観れるから良いでしょっ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

HUDSON Ruger Super Blackhawk. 44Magunum Revolver

Dsc01372

ルガースーパーブラックホールを語る上で、はずせないのが漫画「ドーベルマン刑事」(1975~79年)である。連載開始時は「ダーティハリー」(1971年)のことも知らなかった私にとっては、これが世界最強のハンドガンだったわけである。ワルサーP38の次ぐらいに覚えた銃ではなかろうか。

兄がコクサイ旧M29購入時についてきたカタログには、10inの美しい写真が。何としてでも欲しいと思っても、当時小学生に¥9,900は高価である。後程、模型屋でLSのプラモデルを見つけてた時は、小遣いもらって即、購入しました。コクサイのカタログで分解図は見ていても、カートリッジの交換のしかたがわからなかった私は、LSのプラモでそれを知りました。結構、面倒なんだな~と、そして「ドーベルマン刑事」の一話がおかしいことを。。

Dsc01377

LSのプラモは手に入れたが、やっぱり重くて、金色のモデルガンが欲しいと思い。少ない小遣いでパーツを買っていこうとリアサイト、エジェクターハウジングなどを通信販売で買っていきました。しばらくして父親が何かのお駄賃として、モデルガンを買ってくれることになり、コクサイのブラックホーク10inを手に入れました。こいつはもう遊びたおしましたね。ハンマーも折ったし(一度交換)、分解・組立やりすぎてネジがバカになったりで、金色が完全に剥げたころには傷だらけになり、愛着も薄れて捨ててしまいました。今にしてみれば、もったいないことを。。

マルイの造るモデルガンのブラックホークも発売後、すぐに購入しました。この頃、フレーム2本ピンのトランファー・バー・セフティ・メカニズムなんて知らなかったから、何で3本スクリューじゃないのだと、ぶつぶつ言いながら造って、接着が全然乾かないうちに動かしてバラバラにして、直ぐにゴミ箱行きになった思いでがあります。これまた、もったいない。。

Gun誌を購読するようになってから、2本ピンのブラックホークが最新だと知り、WAがそれを再現しているとは知ることになるが、その頃は発火が楽しいABSのモデルガンしか興味なかった。WAのが完全に市場から消えた頃に、その出来の良さを知るも手遅れだったりする。

Dsc01376_2

それでもブラックホークが欲しくなる。加納刑事のは3本スクリューだから、ハドソンでも良いと思うがその頃はハドソンも生産を停止していたのである。そんな時に今は無き御徒町のレプリカで中古で見つけ購入したものである(1999年2月頃¥12,000)。そのすぐ後、Gun誌には、スタームルガーのオリジナルメダリオン付の木製グリップ付で再販の知らせが、もう生産はないかと思って中古を買ってしまったのを、ちょっと後悔してます。昨年にも金型を修正して、同じ仕様の木製グリップを付けて再販されている。グリップの別売はしてくれないのが残念である。

Dsc01373_3

カートリッジはコクサイの旧タイプの44マグナムよりも小さい。マルベリーフィールドの44マグナム・スーパーカートリッジが使用出来るモデルガンが欲しいものである。ブラックホークなら、シリンダーの肉厚があるので問題なさそうであるのだが。

1982年にスタームルガーはオールドモデル「ブラックホーク」の安全性向上のためにルガー・シングル・アクション・セフティ・コンバージョンを出しているのだが、こういったものも、モデルガン用に販売してくれると楽しいのですがね。

Dsc01433_3

「ドーベルマン刑事」は1977年に千葉真一主演で映画化されているが、内容は別物である。使用銃はMGCのM29 8 3/8in。

1980年には黒沢年男主演で「爆走!ドーベルマン刑事」のタイトルで、ドラマ化されているが、これも別物で、バイク隊の話になってしまい。殆ど観ていなかったです。撃ち合いシーンも無かったと思う。

2001年に竹内 力主演でVシネマ化されます。これは割と原作に忠実でした。使用銃はブラックホークということになってるハドソンのニューフロンンティアとバックアップにチーフ。共にアイボリーグリップを付いていた。

もし私がTVプロデューサーで「ドーベルマン刑事」を手掛ける事が出来るのなら、第一話用にスウイングアウトするブラックホークのプロップを造らせるのだけどな~(笑)

Dsc01428_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

KOKUSAI NEW M29 44MAGNUM 83/8in

Dsc01369

小学校の低学年の頃、兄と近所の模型店へ行った時のことです。そこのガラスケースには、金色に輝く鉄砲のおもちゃがありました。兄に「なんで金色なの?」と聞くと「本物そっくりだからだよ」答えました。46年規制以前の人とはまったく別の意味で、金色のモデルガンに衝撃を受けました。そんなに本物そっくりなのかと。

それから何年か何ヶ月後に兄は、国際の初代M29 6.5in(金属)を買って来ました。大きく、重く、金色に輝き、金属の冷たさを持ったものすごい存在感を感じたのです。兄はそれ以前にも、マルシンのジュニア ワルサーP38を買い、後に私もジュニア ガバメントを持ってたりもしたのだが、インパクトは全然違いましたね。

購入時に付いてきたカタログ「KOKUSAI GUN」は私のモデルガンの教科書になりました。そこには大きく載っているM29は8 3/8インチ、長いほうがカッコイイ。なんでこっちにしないのだ。カタログに部品表載ってるから8 3/8インチのフレーム買おうかなとも考えたこともありました。

Dsc01366

コクサイのS&Wリボルバーの完全再現についてはM28が最初だと思っている人が多いが、Gun誌の広告を見るとサターン&デビルが昭和56年4月頃、M28が9月頃、M29が12月中旬となっています。PPCカスタムはパイソンの2番煎じしかみられず、モデルガン・ダイジェストにも登場せず、注目されませんでした。

最近HWで再販され、6インチ、セミワイドトリガーなことに批判をあびているが、M629も再販するためなのでしょうね。でもカートリッジは、せめてマルベリの41マグが入るようにして欲しかった。今のコクサイに多くは望めませんがね。でもマウンテン4inは出して欲しいです。

私がコクサイのNEW M29を買ったのは、まずABSの6インチ。お年玉でコクサイのM1910を買うつもりが売り切れていて、何か買わないと気がすまなかったので、、後に友達¥1,000で売却、もったいない。次は金属(初期の真鍮風メッキ)8 3/8インチをブラックホールのモデルガンオークションで¥4,000で購入。ついに8 3/8インチを手に入れるのであるが、これはメッキが弱く、触っているだけで薄くなっていく。これのほうが人気ありますが、私にとって金属モデルガンは金色であってほしいのです。24金メッキに買いなおしたが画像のモデルです。ついに金色で、重く、そして長いM29を入手して、これは「金色の衝撃」の再現させてくれるモデルガンなのです。

Dsc01356

追記

昭和46年の銃砲刀類所持等取締法の規制により、ライフル等の長物は除く金属製のモデルガンは「銃腔に相当する部分を金属で完全に閉そくすること」「表面の全体を白色又は黄色とすること」と定められました。(第十七条の二)規制以降、ABS樹脂のモデルガンが販売されはじめます。法規制の対象外のため、黒いままで販売できた。

このモデルガンは、SMITH&WESSON  M29をコクサイが製品化物である。実銃は1955年に販売開始。当時、世界最強の拳銃弾44マグナムを使用でき。映画「ダーティーハリー」(1971年)によって、一躍有名になった。(6.5inを使用)モデルガン同様の8 3/8inを使用している映画は「タクシードライバー」(1976年)、「マッドマックス2」(1981年)でヒューマンガスがスコープ付でジャイロ・キャプテンに向けて撃っている。一作目でマックスがショルダーホルスターに吊るしているのもM29だが、MGC製のモデルガンである。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

カタログ

Dsc01355_8

皆様、はじめまして。管理人のGFCです。以後、宜しくお願い致します。これから初めていくのは、モデルガン系のブログでございます。

モデルガン収集暦はそこそこ長いのですが、手放してしまった物も数多いので、とんでもないレア物が次々と登場してくるわけでもないので、あまり期待なさらぬように、、

再販や中古市場で比較的入手しやすいモデルが多いので、これから購入を考えてる人に少しでも参考になればかと。

カタログだけは古いのも、捨てずに残っております。カタログを眺めては「今度はこれを買いたいな」と思いつつ、結局買わずに絶版になったものがいくつあるのやら。

発売当初の価格を知っていると、プレミア価格がついた中古品って買う気にはならないのですよね~。中古は中古らしい金額で売って欲しいです。多少のプレミア価格つくのもわからなくはないですが、自分が高級取りでないという言い訳ですね(笑)

最近、KSCのカタログを入手したら、アクセサリーなんかMGCの1994年のカタログと同じで、何か複雑な気持ちになってしまいました。KSCにMGCの金型を、全部買い取ってもらいたかったです。

モデルガンの話題が中心ですが、ネタが切れたら、エアソフトガンも少し扱います。その他、映画の感想とかの雑記もあるかも。週一回位しか更新出来ないと思いますが、お付き合いしてくだい。コメントもしてもらえば、嬉しいです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年9月 »